善意の中にうもれながら。。。   

2009年 08月 17日

あの手術から、早いもので1週間が経ちました。
我が自慢の息子も術後の経過は、感染症と輸血による
肝機能障害は心配ないとのことで一安心です。

が、まだまだ微熱のある日は共に眠れぬ夜ですが。。。

今日、息子の尿道の管が外れよい一日でありました。

病院の医師の方々から今回の手術の経緯と原因についての
説明がありました。
私は、先生方にこう言いました。

「最善を尽くしていただき、ありがとうございました。
身内の中には、病院の責任追及を。。。と言うものがいましたが、
とんでもない事です。
最善を尽くしていただき、心から感謝しています。
ただ一つお願いがあるとしたら、
『次もよろしくお願いします!!』
ボクの息子のお腹の中を一度見てくれ、特徴なども知ってくれていて、
今のこの心情を共有してくださっている先生方に
次の再移植もお願いしたいです。
さらに、その後も息子は何十年とお世話になると思うので、
病院というより先生方と最善のお付き合いをお願いしたいです。
私は争いや駆け引きの中で生きて行きたくないんです。。。
どうか息子のこと、よろしく、よろしくお願いします。。。」

・・・と頼みましたら、若い医師の方と看護婦さんの目に涙がありました。
「あぁ~よかったなぁ」
病室中、善意でいっぱいでした。

その後、お断りしてたはずの面会!?なのに、
お見舞いにスタッフ・友人が溢れるほどの愛情を持ってきてくれ、
痛く楽しい日中でした。
また、ロサンゼルスの親友や、ニューヨークの弟子や
北海道の仲間からの善意のメール。。。
青森の友達・名古屋のパートナー(スイーツ)など全国からや、
スタッフから花が。。。emoticon-0155-flower.gif
部屋に入りきれないほどです。
また、東京の親友は、東京の教会で今日歌った讃美歌のメールを。。。
いつもアドバイスを頂く、田中先生からも光のメールを。。。
また、途絶えることなく慈悲深く見守ってくれている
山崎先生からはお手紙を。。。
必ず朝一番と数回、ほのぼのした光メールを我が師から。。。
尊敬する大久保寛治さんからも光のメールが。。。
日本中の善意が私のもとに集まってます。

あぁ~幸せだなぁ。。。
まだベットで痛みに耐えながらですが、たくさんの善意に埋もれた
幸せな一日でした。
[PR]

by bagzy | 2009-08-17 23:36

<< 抜糸しましたぁ!!!! 生きていてくれるだけで、幸せやが!! >>