やがて、すべては過ぎ行く   

2009年 09月 02日

手術から20日やっと今日、息子が退院することができました!!
みなさんのおかげです。
心から御礼申し上げます。
本当に、ありがとうございます。

あの壮絶な手術。。。
そして、移植失敗による絶望。。。
何度となく襲いかかる合併症。。。
本当に息子は頑張りました。

そして、これからが本当の現実との戦いです!
息子のために更なる努力と、底知れぬ明るさで歩んでいきます。

そんなボクはこの31日・1日と青森での勉強会のため八戸です。
この八戸の友人達が、キョーレツに優しく、思いやりのある人たちばかりで。。。
最高のおもてなしを頂きました。

勉強会の会場に紹介され入りましたら、あの情熱大陸のテーマソングに
沢山の色のレーザービーム。
さながら、プロレスラーの入場シーン。。。(笑)
意外に気持ちいいもんですね。(笑)
そして、ステージには座って話せるようにイス。
そしてそのイスの上には、手作りのクッションがあり、
手作りでボクの似顔絵を縫ってくれていて、裏にはこんな詩が描かれてました。
『空があるから、風が吹くから、
あなたがいるから、とってもとっても
しあわせなのです』

と描いてあり、もうちょっとで泣きそうでした。
会場に駆けつけてくれた400人ほどのみんなと、和やかな学びの時間でした。

そして、打ち上げをかね食事に行くと、大きなケーキにボクそっくりの似顔絵が。。。
しばし歓談
「傷は痛みますか?
どうしたら和らぐんでしょうか?」
なんて会話の中
「それがね、不思議と温めるといいんだよ。
温めると痛みが消えるんだぁ~」
なんて話して楽しい時間が経ち、部屋に戻ると。。。
ベッドには電気毛布がセットされ、ほっかほかカイロが沢山置いてあり。。。
小学生以来の電気毛布に包まれて、ほっかほかカイロでポカポカの痛み無き
睡眠をいただきました。
そして朝、親友畑中さんが迎えに来てくれ、うちのノブくんと3人で
さぁ~いざ出発!!
「今からどこ行くの?」
と尋ねると
「久保さんの今日の勉強会は夕方だから、
それまでは久保さんの体を治す旅をやります~」
と先ずは傷によいといわれる古牧温泉に行き、
持参のスペシャル弁当をいただき大満足。
人の厚意(好意)の中にいられる幸せは、傷なんか忘れさせてくれます。

そして次は、種差海岸のそばにある《イルカの店》というマッサージ&ヒーリングサロン!
ここでは、朝日と同じ周波数の光を全身にあて、背中に8種類のオイルを落とし、
マッサージ。
最後に骨まで熱が達する周波器でフィニッシュ!!
「もぉ~最高!!」
疲れが吹っ飛びました。
本当にありがたいありがたい青森八戸の旅でした。

24日に始まった出張も今日の東京で終わり、やっとわが壺中の天
『北九州』に帰ります。
我が勇者の息子にも10日ぶりに会えます。
術後12日の1週間出張は、予想をはるかに超えたハードなものでした。
ですがそのハードをまた、はるかに超えた感動の日本一周の旅でした。
全国のみなさん、ありがとうございました。
地元のみんな待っててね~。
って言うか
忘れないでね~(笑)
[PR]

by bagzy | 2009-09-02 11:35

<< キリストの言葉 絶望の向こう側に見えるもの >>