☆謙虚に生きて行ける人を目指して。。。☆   

2009年 12月 02日

街角では冷たい冬風に枯れ葉が舞い遊び、
窓越しからはクリスマスソングが聞こえてくる今日この頃。
ボクはラストスパートで、仕事に励んでいます。
昨日までは金沢と福井をまわり、琵琶湖を横切り
京都を経由して東京に来ています。
明日は久しぶりに日本の中心、東京青山での勉強会です。
(モトキと二人で行うセミナーです。)
夜は、久しぶりに!?(笑)、アミーゴ土橋さんに浅草で、ご馳走になりました。
旅の疲れもあるのか、少々カゼぎみかな~なんて思いながら、ホテルに入りました。

キドニー(腎臓)が、一つになると疲れやすいものです。
昔の人はよく言ったもんです。
「肝腎(肝心)要」
って…。(かんじんかなめ)

部屋に入りゆっくり疲れをとろうとお風呂にはいり、ふと自分の体に目をやります。
手術し4ヵ月近く経ちますが、傷口は痛み、大きく腫れています。
左脇腹が傷口に沿って腫れて、おへそが定位置より
2㎝ほど右側にずれてるほどです。
姿見(鏡)で見ると、体が変形してるようにみえます。
ボクは、シャワーを浴びながらその傷口を撫で、
「なんで、治らんのやろか~」
「無理したけかなぁ~」
「お医者さんの縫い方が、下手だったんじゃないかなぁ~」
「なんで、こんな醜い格好になったんやろかなぁ~」


。。。と呟いていると、はっと気付いたんです!
思いが、現実を引き寄せてるんだ!と。。。
すーっと思い付いた!

「そんな風に思い受け止めてるから、傷口が、治らないんだ!」
「無事で、良かったなぁ~」
「これくらいのキズで、良かったなぁ~」
「自分では切ったり縫ったりできないのに、助かったなぁ~」
「ボクは、ラッキーだなぁ~」
「息子とお揃いの勲章だなぁ~」
と思わないからよくならないんだな。。。と。
人には、
「明るく生きなさい。」
とか
「プラスにとらえなさい。」
とか、
「感謝を忘れないように。」
とすすめているボクなのに。。。

そう思うと、なぜか涙が頬を流れます。
まして、今でも病気と向き合って、つらくとも明るく優しく生きている息子に比べたら、
ボクのこのキズなんて、足跡一つにもならないのに。。。
なんだか、手術に挑んだことをおごり、頑張った大切な体をいたわることもできず、
女々しく何かどっか引きずってるダメな人間だなぁ~。。。

そう思うと、絶望を受け入れ、明るく生きてる息子やそれをひたすら見守る家族や
いつも勇気をくれる友人や、いつも側にいてくれるスタッフ達に申し訳なくて、
シャワーを浴びながら、泣きました。
息子の病気を治すこともできず、家族を安心さすこともできず、
友人のために尽くせず、スタッフ達のために何一つ役立てない。
そんなダメな自分から、決別しよう!

そう心に刻み、明日から心新たに頑張ります!!
何事にも、感謝と尊敬と明朗と謙虚と勇気を持って、取り込もう。
そんなこと思ってると疲れは、どこかに飛んで行きました。
さぁ~明日から新しい人生の始まりです。
過去を受け入れ、今日一点に心を込めます。
毎日、この自慢のキズに手を合わせて頑張りま~す。
東京のホテルのシャワールームより、思いを馳せて。。。
[PR]

by bagzy | 2009-12-02 13:39

<< ☆デジャヴ☆ ☆上海のサムライ達☆ >>