☆最高に思い出深いキャンプ☆[シーズンⅠ]   

2010年 07月 30日

この記録的な猛暑の中、恒例のキャンプを行いました。

この厳しいデフレの嵐の中、盛大に2泊3日やりました。

総勢120名ほどの暑い!熱い思い出作りです。

スタッフはもとより、スタッフの家族や、関係業者の人達、全国の友人達です。
東京から…大阪から…四国から…奈良から…大分から…ありがたいことです。

前日の夕方から、設営班チームと食料班チームは、
120人分の輸送と段取りをしてくれ。。。(120人分の2泊3日6食分)

当日は、全員早朝7時に出発して、いざ現地(福岡の津屋崎海岸)へ。

続けること15年目!
手慣れた強者達が、流れるような手際良さで、ものの1時間くらいで、
海岸に焼き場、水回り、食卓、キッチンを作り、テントを張り、完璧!
(生ビールサーバー2基400㍑含む068.gif)

すぐさま、昼食係り達が焼きそば&おにぎり作り。。。

それを見届けて、私達オヤジチームは船をチャーターして、
いざ夕食の仕入れ!?(魚釣り)

船頭をよく見ると、ボクの弟子のジョー君です(^^)v

大漁!?の釣りを終え、べースキャンプに戻ると、
夜のカレーチームがスペシャルカレー作りを終えて、スタンバイ!
(120人分のカレーは、見ると圧巻!)

なんて調子で、至福の時が。。。

そして、これからが今宵のスペシャルサプライズ!!

みんなに内緒でプロミュージシャン(弓削田健介くん&比留間光悦くん)の
スペシャル夕陽ライブです060.gif

歌い手さんが、夕陽と海をバックに波打ち際にスタンバイ!

観客の僕らは、砂浜に体操座り!

みんな、
「マジで~」
「キョーレツ~」
「めちゃくちゃやんなぁ~」
と大興奮!

弓削田くんが、
「こんな素敵な海と夕陽をバックにライブは、生まれて初めてです。」
「最高ですね~」

と…

一青窈さんの[ハナミズキ]から始まり、
ホスピスで末期癌の人からリクエストされたと云う[翼をください]を熱唱してくれた後…

「今日は、久保さんから特別なキャンプだから、是非来て歌って欲しいと言われ…
 やってきました。
 聞くところによると、永く共に働いてくれた社員さん数人が卒業されるんですって…
 今回がラストのキャンプだから、その今まで頑張ってくれた社員さんに、
 最高の歌と思い出をプレゼントしたいから。。。と。
 では、唄います。
 オリジナルの曲で『越えてゆけ』です。」

ーーーーーーーーーーーー
…越えてゆけ~重ねた時を
…越えてゆけ~その寂しさを
…めぐる風、背中を押したなら~
…心の連れてゆく場所へ

…がむしゃらに生きてきた少しのあこがれと…

…ちっぽけな誇り、胸の奥に抱いて…

…越えてゆけ~重ねた時を……

ーーーーーーーーーーーー

…涙で夕陽が、霞みます。
共に過ごした思い出と共に夢見た日々が。。。走馬灯のように。。。

夕陽が落ち、月夜に映る仲間達、親友達、家族達。。。

その後、比留間くんのビートルズナンバーでみんなで唄い、手拍子、踊り。。。

最高の時が、流れていきます。

卒業する人、悩み揺れる人、見送る人、信じ集った人、支え合う人。。。

波の音。。。

透き通った歌声。。。

歓喜の雄叫び。。。

拍手。。。

一番星がキラリと光るころ、止まぬアンコールも終わり、
夜の宴に滑り込んで行くのでした。。。


ビーチで遊ぶ人達や、カレーを食いまくる人達。
炭火を囲み、酒を酌み交わす人達。

長い長い夏の夜が、ハッピーに続くのでした。。。

[シーズンⅡに続く。。。]
[PR]

by bagzy | 2010-07-30 21:29

<< ☆最高に愛が溢れるキャンプ☆ ... ☆おめでとう!!1000回目の透析☆ >>