☆不景気は、自分達が招いてる☆   

2010年 08月 24日

先日、広島に勉強に行きました。

ボクの尊敬する大久保寛司さんから、お誘いしていただき
「大久保寛司さん&高野さん(元リッツ・カールトン)&鬼澤さん」のスペシャルセミナーです。

プロデュースは、中国生産性本部の西川さん。
とても、とても学びの深いセミナーでした。
こんな事例を聞くことが出来ました。
日本一(いち)ジーンズを販売する若き女性(毎年1億円販売)の話しが、ありました。

全国的に衣料業界が低迷する中で、毎年最高業績を上げているそうで。。。

その女性は、毎日の営業の中で、あることに気づいたそうです。

男性のお客さんは、10人来店されたら、10人中7人くらいがお買い上げしてくれるが、
3人は、お買い上げされずに帰られる。
そのお買い上げされない3人の方は、なぜお買い上げしてくれないのか?
彼女は不思議に思い、ずっと観察しいて、あることに気づいた。
そのお客さんたちは、

「試着室に一着のジーンズを持って入り、試着室の中で試着したのか、
 もとのご来店時の姿で試着室を出て、帰っていかれる。
 お買い上げのお客さんは、試着したジーンズをはいて、試着室を出てこられ、
 寸法合わせを要望され、お買い上げされる。」

そこで、彼女は気づいた!

「そうか、男性のお客さんは、サイズが合わないと、
 そこでサイズチェンジするのが、イヤか、面倒なんだ!」

それに気づいた彼女は、それから試着時には、
お客さんの選んだジーンズの前後のサイズも試着室にお持ちするか、
お客さんの選んだジーンズのワンサイズ違いのジーンズを用意し、
試着室の中での着替えるタイミングを計り、
サイズ違いのジーンズをさりげなく、トライしてもらうようにした。

すると、ほぼ100%で、お買い上げされるようになった。

それからというもの、お客さんを見て、そのお客さんのベストサイズを予想する努力に励んだ。
すると今では、そのお客さんを見ただけでベストサイズを正確にわかるようになったそうです。
それどころか、今では、そのお客さんの好みやジーンズ以外の
上着やアクセサリーにあわせるオススメが、パーフェクトにできるようにになったそうです。
すると、どうでしょう。
紹介のお客様が急増し、常連のお客さんの利用頻度も上がり、
あれよあれよと業績は伸び続けて、今や日本一ジーンズを売るカリスマ販売員になられた。
とのこと。


凄いですよね~。
ちまたでは、売れない理由(言い訳)の飛び交う中で、
ただひたすらに、目の前のお客様のことに全力で取り組み、驚異の業績を上げている。

景気のせいにせず、店舗のせいにせず、商品のせいにせず、宣伝のせいにせず、
ただただ、日々の営みに一所懸命に取り組み、幸せをものにしている。

お客さんが沢山来られるところには、理由があるんですね~。

お客さんが沢山こられないのは、外的要因にあるのではないていうことなんですよね。

自店に目を向けてみよう。

自分自身に目を向けよう。

今の現実は、「お客さんからの通信簿(評価値)みたいなもんなんだから。。。」

これまた、因果の法則。


「蒔いたように、芽が出て、花が咲く056.gif


ん~そうか。。。

原因は、我にありか~
と気づきの大きな一日でした。

次の日の朝、広島駅で駅弁を買おうとしたら、
一軒の店だけにお客さんが並んでいます。

あ~きっとボクの好きな、おむすびの「むさし」だ!

やっぱり、ここにも、「因果の法則」の店が有りました。

温かい美味しいおにぎり弁当を笑顔のおばちゃんが、元気にテキパキと売ってます。

一人ひとりのお客さんに。。。

「行ってらっしゃーい。。。お元気で~」

と。。。

むさしのおにぎり弁当を食べながら、帰路へ

「不景気なんか、関係ないな~」

とつぶやきながら。。。
[PR]

by bagzy | 2010-08-24 10:34

<< ☆人の喜びの中で生きる人は、幸... ☆良く働き、良く遊ぶ☆ >>