☆深き大河は、ゆるやかに流れる☆   

2011年 01月 12日

ボクの先輩であり、遊びの師がいる。

もうかれこれ25年の付き合いで、還暦を過ぎていますが、
いつも、笑顔で元気ハツラツ!!


その先輩は、少し変わり者!?と言われている。



「友達は、少ない方がいい!」


「暮らしていくために、しょうがないから働く!」


「無駄に長生きしない方がいい!」



などが、口ぐせの先輩。



だけれど、ボクはその先輩が大好きであり、尊敬しています。
どんなに事業が成功していたり、地位や名声を手にいれている、
まぁ~世にいう成功者の人達より、明るく、優しく、志高く、
変わりない愛情を持っているからです。



毎年毎年、今の時期には、ボクの好きな白菜の漬物を漬けてくれ、
この時期の久保家の食卓には、必ず美味しい白菜がならぶ。

正月には、牡蠣を蓑島まで買いに行って持って来てくれる。
春には、タケノコにワラビ。                       
秋には、山芋を掘って来てくれる。                    
この20年変わることなく。。。


「オレは、友達が片手(5人)もいないから、毎日1度はお前達が元気かな~とか、
 なんが喜ぶんかな~と思ってるだけのこと!!」


先輩の言葉が心にしみます。

やたらに友人知人が多く、時間に追われている毎日を噛みしめることなく、
やり過ごしているボクは、ドキッ!グサッ!と心にしみる。
というか懺悔。。。




また先輩が言います。


「オレは、子供も育て上げ独り立ちしたし、婆さん(お母様)が旅立つまでの
 面倒を見るために生きてるんだから。。。婆さんを見送ったら、仕事はしないよ~」            

三度三度の食事と看病をもう何十年と続けている。

朝早く出勤前に味噌汁を作り、昼の弁当を作って、夕食も支度して。。。
何年も何年も。。。                                  
凄すぎて。。。頭が下がります。                                      

「90歳すぎるまで生きてるじいさんばあちゃんの側にいて、
 キツいだろうな~辛いだろうな~って、側でずっと見て感じてるからさ~
 オレは、そんなに長生きしなくていいよ~」


とニッコリ笑いながら、焼酎を口にはこぶ。。。


そのくせ、レディーガガいいね~!!とか、やっぱビヨンセかな~とか。。。
ぶっ飛びオヤジ(^▽^)


「釣り行こか!?」

「キャンプ行こか!?」

「ジプシーキングスのライブ行こか!?」


いつ電話しても。。。


「いいよ~」

「いいね~」


と断ることなく答えてくれる。


その先輩に逢う度に思う。



『深き大河は、ゆるやかに流れる』


生きる意味をしっかり持ち、ただひたすらに生き抜く人。

凡事に喜びを見いだし、おだやかに歩み続ける人。

人の喜びや悲しみの中でただひたすらに尽くす人。


大河のようにゆったりと流れるように。。。

行く先がぶれることなく、その上、力強く。。。

それもおだやかにゆるやかに。。。


『立志照隅』


そのものの人。


大切な大切なボクの先輩!!

師の言葉を思い出します。



「大器賢者は、金持ちを目指さない。
  時持ちと真友持ちを目指す人なんだよ~」



ボクの自慢の遠賀の先輩の話しでした~!!


キテるね~!!


キテる!!


目標の人ですね~憧れの人ですね~!!
タイガーマスク久保華図八より
[PR]

by bagzy | 2011-01-12 22:02

<< ☆ 雨の日には雨の中を、風の日... ☆この日のために。。。☆ >>