☆一人じゃない…自分だけじゃない…☆   

2011年 09月 14日

御釈迦様の逸話です…


その昔、ある村に一人の女の人がいました…
その女の人は長い間子宝に恵まれなかったのだけれど、やっと子供を授かった。
…けれどその子供は産まれてすぐに死んでしまった。
その女の人は、悲しみと絶望の中で気が狂いそうになっていました。

そんな時に御釈迦様の噂を耳にしました。

「どんな悩みや病も治してくださる偉いお坊様がいる。」

と…

その女の人は、すぐに御釈迦様に会いに行きました。


「御釈迦様、聞きましたら、御釈迦様はどんな悩みも病も治してくださると聞きました…
そのお力で、お願いですから、私のこの子を生き返らせて下さい。どうかお願いします。」

御釈迦様が答えます。

「わかりました、やりましょう。
あなたの子供を生き返らせてる方法が一つありますから…」


「その方法とは、ある家に生えている樫の木の実を煎じて飲ませなさい。
 そうすれば生き返るでしょう。その樫の木の実を見つけて来なさい。」


「わかりました。そのある家とは、どこにあるどんな家なんですか?」


御釈迦様が答えます。


「その家とは、今までに家族を一人も失ったことのない家です。
 その家に生えている樫の木の実を探してきて飲ませなさい。」


「わかりました。必ず探して参ります…」

とその女の人は、村中を訪ねて歩きます。


「すみません、このお家で亡くなった人はおられますか?」

そのお家の人が答えます…

「昨年、父が病気で死んでしまったのよ…」


次のお家を訪ねて聞きます。

「私の大好きだったおばあちゃんが数年前に亡くなったのよ…」


また、次のお家で尋ねます。

「ご家族を亡くしたことがありますか?」


「私の一人娘が、事故で数年前に死んじゃったのよ…」


次の家、次の家と女の人は聞いて回りました。


そして、100軒を越えたくらいで気づくのです…


「あぁ~そうか…大切な家族を亡くしたのは、私だけじゃないんだ。
 その悲しみと苦しみを抱え、乗り越えている人がこんなにおられるんだ…」


「つらく、苦しく、悲しくとも生きていかなくてはいけないんだ…」


「自分は自分の人生から、逃げることはできないんだ」


と彼女は悟り、御釈迦様にお礼をし…
その後の人生を悠々と明るく歩んで行ったそうです…



ん~いい話しですね…
ん~考えさせられる話しですね…


失敗…別れ…病…不遇…不幸…

誰もが、抱え…

誰もが、乗り越えて…

誰もが、受け止め…

生きているのですね~

愚痴ったり、嘆いたり、

落ち込んだりしてないで…、
少し先の楽しい未来に向かって、しっかり歩んでいきましょう!

ある僧侶が言います…

「人生で大切なのは、何を忘れ…何を忘れないか…なんだ」

と…

過去に振り回されることなかれ~


決して、一人じゃない…

決して、自分だけじゃない…

誰もが、受け止め…乗り越え…気を取り直して、頑張っているのだから…


沖縄の座間味島の友人が言う…


「厳しくつらい台風もこの美しい海も、全部ひっくるめて沖縄なのさぁ~」



良いことも悪いこともすべて、ひっくるめて人生なんだから…


さぁ~元気出して…一日一生…悔いなき人生を共に歩もう!!
[PR]

by bagzy | 2011-09-14 10:21

<< ☆落葉は、今一度、青空へ帰ろう... ☆ずば抜けた努力こそが道を開く☆ >>