「ほっ」と。キャンペーン

☆すべては、心一つの置きどころ☆   

2011年 11月 21日

この言葉は、たくさんの日本の先人賢者に
多大な影響と導きを残された中村天風さんの言葉です。


いかなることも、自分の心の置きどころ一つで決まる…


心というコップが、ちゃんと上を向いていると、
良いものや幸運が落ちてきた時に、受け止めることができ、
喜びと豊さを得ることができる。

また逆に、たくさんの悪しき誘いや出来事が降り注ごうとも、
心のコップが下を向いていれば、心を傷め苦しむことはない。


誰もが、悲劇苦難と思える現実の只中にあっても、
心一つの置きどころで…
悲しみ苦しむどころか、その現実を軽々と乗り越え、悠々と歩む人達がいる。


その悲劇苦難をピンチどころか、
その厳しい現実をチャンスと変え、成長し続ける人達がいる。


先日、高知で美容室をしている友人とそこのスタッフさんと逢って、
勉強させてもらった時のこと…

そのスタッフさんが、結婚…出産…子育て…そして離婚を経験しながらも、
美容師さんの仕事を頑張られ…
全国でも名を上げるほど活躍されてることを聞き…


「大変だったですね~ご苦労されましたね~」

「よぉ~く、たくさんの壁やハンディを乗り越えて…」

と聞いてみたら…


「え…壁やハンディなんてありませんでしたよ!?…だって、結婚したことで、同じ境遇のお客様と共有できることや話しが増え、お客様が増えましたし…子供が出来て、一段と同じ境遇の方が増え、絆も深まり、さらに仕事が充実してきたし…離婚も…なんだか私にとってよい経験というか私の強みというか…」


「それは、みんなが一般的に言われる家庭があったり、子供がいると両立が難しいとか、時間が拘束されるとかのマイナス的要因(出来事)みたいに言われますが、それを感じ受け止め、決めるのは、私自身なんで…少なくとも私は、マイナス的とか弱みなんて…思ったことないですよね~」


「というより、私の強み!?でしょ…(^^)」


☆凄い彼女ですよね~

心の置きどころって、現実を変えてしまうほどの力があるんですね~


人生は、心一つの置きどころ!!


あの松下幸之助さんは、あるインタビューで…


「松下幸之助さん、なぜ、こんなにも大成功をおさめられたのですか?
成功の要因を教えてください。」


とたずねられた時に…こう答えました


「まぁ、私は、運が良かっからなんですが…強いて言えば、一つは、貧乏に育ったことですね…貧乏に育ったから、少々の苦労を苦難を乗り越える力がつきました。もう一つは、幼いころより病弱だったため難儀したことですね…病弱だったがゆえに、他人に任せ、頼るしか法がなく、それゆえ人を育てることができましたなぁ~。もう一つは、学歴がなく無知だったことですね…無知だったがゆえにたずね、教えを乞うしかなく、そのおかげで、衆知を集められることができたからですなぁ~………」


「…貧乏…病弱…無知…」


普通ならば、全てマイナス要因ではないでしょうか!?
普通ならば、出来ない理由ではないでしょうか!?


やはり、全ては、心の置きどころなんですね~


人生の途中には、失敗やトラブル…別れや病気…
事故や災害に見舞われることがあると思いますが…


そんな時こそ、その現実を「成長の糧」として、悠々と歩んで行きましょう!!


ピンチを神が下さったチャンスと受け止めて…さらなる成長を手にしましょう!!


「失敗に未来がある!!」


「逆境の彼方に幸せがある!!」


絶望の海原を漂っている時こそ…


つらく、途方に暮れ、涙の日々にあるときこそ…


思い出して…


「すべては心一つの置きどころ!」


「ネバーギブアップ!!」


「どんなことも、ウェルカム!!ウェルカム!!」


「すべては心一つの置きどころ!!」
[PR]

by bagzy | 2011-11-21 17:26

☆人生の黄金時代とは!?☆ >>