一本の電話   

2009年 05月 30日

先日、私の尊敬する山崎宣次先生からうれしい電話がありました。

ボクが、
「先生ごぶさたしてます。
お元気ですか?
今日は何か用事でもありましたか?」
と聞いたところ、先生が
「いや、ボクね久保くんが人間ドックで入院してると聞いてね。
すごく心配したんだよ。
気になってしょうがないから電話したんだよ。
体の調子どうですか?検査の結果はどうでしたか?」

ボクはあまり突然で、あまりのやさしい言葉に胸がつまり涙が出そうになりました。
あんなに忙しく有名で多忙な山崎先生の優しさと人を想う心に
なんだか感動して心が洗われる思いでした。

やはりすべての答えは優しさの中にあるんだな~。
どこまでも優しく生きることの大切さを知りました。
みんなも優しく共に歩みましょう。
[PR]

by bagzy | 2009-05-30 13:45

<< 「てーげー、てーげー」 中川マスター名言集~パートⅠ~ >>