夜中のシンガポール   

2009年 06月 20日

研修旅行の最終日19日は、バリからシンガポールに行きました。
シンガポールのマーライオンを見ると、幸せになれるとかで行ってきました。
街のパワーと美観に圧倒されました。
そして、夜中1時のフライトのため、シンガポール空港に入りましたが、
そのフライトゲートですごい偶然があったのです。
偶然でなく必然だったのでしょうか。
いつも親しくしていただいている、私が尊敬する大先輩にお逢いしたのです。

夜中の空港に似合わないステキな優しい笑顔で
「いや、お疲れ様です」と。。。
私が、
「お仕事ですか?」
と聞くと、
「はい、そうなんですよ。ジャカルタの方の仲間の応援で」
と。
「相変わらず忙しいんですね」
と聞くと、
「そうでもないですよ。それこそ帰ったその日にBAGZYに予約入れてるから
カットしてもらおうと思ってるんですよ。
そして、来週からはヨーロッパ(ドイツ中心)の仲間の応援に行くんですよ。
そのためにもBAGZYでビシッときめてもらわないと。。」
と優しい笑顔でさりげなく。。。

やっぱりすごい人はスケールから違うな~。
世界を相手に、世界中の仲間と共に。。。ですよ!!
すごい!!
[PR]

by bagzy | 2009-06-20 14:28

<< 長崎の夜はマーヴィン・ゲイで。。。 部屋中、笑顔でいっぱい >>