2009年 02月 07日 ( 1 )   

引くより加える方が楽しい   

2009年 02月 07日

先日、名古屋にあるBERでステキな話を聞きました。

そのBERは、私が知る限り日本一カクテルがおいしいお店なんです。
その店でSWEETS MAGICの所さんから聞いた話です。

お菓子を作るとき、フランス人と日本人は根本的なところに大きな違いがあるとのコト。
どんな風に違うかというと、日本人はあるスイーツの味をよりよくととのえようとする時、必ずそのスイーツの中にある何かを取り除いて味をととのえようとするそうなんです。
だけど、フランス人はその逆で、必ずそのスイーツに何かを加えて味をととのえようとするんだそうです。

とても興味深い話ですね。
それを会社(チーム)などに置き換えると、チームがうまくいかない時、日本人は誰かを省いてうまくいかせようとするが、フランス人はチームに誰かを加えてうまくいかせようとするというコトなんです。
そこで私は所さんに聞いてみたんです。

「所さんはどちらがよいと思いますか?」

するとこんなスゴイ答えでした。

「昔はボクも引くコトばかり考えていましたが、最近は加えることでより良いものをつくる方がスキですね。なぜかというと、仲間は多い方がたのしいからねぇ」と。。。

さすが一流は違いますね。
私もリーダーのはしくれとして、心にドーンと落ちました。

「引くより加える」!!

そして所さんはこう付け加えてくれました。

「その事より、一つ一つの素材が単体の時より集まった方がおいしくステキになるのが一番大切なんですよ」って。。。

ん~~勉強になりました。
[PR]

by bagzy | 2009-02-07 13:36