2009年 08月 16日 ( 1 )   

生きていてくれるだけで、幸せやが!!   

2009年 08月 16日

どれだけの時間が経ったんだろうか?
腎臓移植手術、壮絶だった。。。
神に願いは届かなかったが、あれからどれくらいの時が経ったんだろうか?

失望と絶望の海原に何度も自分を見失いかけましたが、
その真っ暗闇の海原で見えたものがあるんです。

『こんなボクでも必要としてくれる人たちがいる。
すべてボクのために起こったことなんだ』
心の底からやる気と勇気がみなぎってきて、もう明日にも退院したいほどです。(笑)

今このブログを読んでくれている人の大切な人に失望と絶望の中にいる人がいたら、
この言葉を伝えてほしい。

『どんな不幸もどんな苦悩も、必ずやがて過ぎ行くよ』

と云うことを。
現に私がこんな心境だから(^-^)

ボクの目の前で体中に管をつけられ、16時間の壮絶な戦いに疲れ果て
眠る息子の人生を最高にハッピーな人生、共にしていこう!!

家で泣き憂う妻と娘たちと妹に勇気と希望を与えよう。
ボクと息子の大応援団であり、大切な大切な弟妹のようなスタッフと逢いたい!
逢って導いてあげたい。
全国にいる心優しき友人に、贈ってくれた光の100倍恩返ししたい。
ボクの宝アミーゴたちよ。
ボクと同じほどの痛さと涙を共にしてくれた事忘れない!!
余生で今度のこと忘れてしまうほど楽しもう!!

腎臓摘出手術中でも、あきらめないぞ~とお寺や神社に行ってくれたり、
自分で釣ったタイが縁起がいいと佐賀まで釣りに行ってくれた弟子たちよ。
絶対に幸せにするからな~!!

そして、手術室に入るまで手を握り締め、右回りの最強の光を贈ってくれた
師北川先生。
今世と来世と来々世、いやもっと弟子となりお世話させてください。

まぁ~とにかく、心悠々として、澄み切った海のごとく。
数日前の絶望の海が、嘘のようです。
[PR]

by bagzy | 2009-08-16 12:39