2009年 10月 14日 ( 1 )   

知足と不足   

2009年 10月 14日

息子は、毎日、明るく、元気にやっています。
月曜日に透析をして、火曜日は透析せず、
水曜日はまた透析をして、
木曜日は透析をせず、金曜日は透析をして、
土曜日と日曜日は透析をせず、という透析生活を
明るく、楽しく過ごしている。
一回の透析は、4時間かけて、
体中の血液中の毒素や尿などを濾過するんですが、
浸透圧の関係で、透析直後の脱力感と頭痛などで
大変きついらしいです。
それに、週3日(4時間)かかるので、
自由に旅行や遊びができにくいんです。
が、我が息子はそんなハンディをもろともせずに
ルンルン明るく、生きてます。
特に金曜日の夜などは、土日が透析なしだから、
モチベーション最好調です。
さながら、待ちに待った旅行前日のようで本当に楽しそう。
遊び過ぎが、心配なほどです。

同じ境遇でも、
「2日一回透析をしないといけないんだ~」
と嘆き、苦しみ生きる人もあれば、
「土日は、2日間も自由にできるんだ~楽しみ~」
と不幸の中からでも、楽しみを見いだして、
明るく生きることもできるですね。

健康で何不自由ない人で、嘆き、苦しみ、辛く生きている人の
なんと多い事でしょう。

「あれが、ほしい」
「あれも、したい」
「もっと、こうしたい」
「あの人みたいに…」
「思った通りにならない」
と云うように、いつも不足に生きる人達は、
愚痴と不満と妬みと駆け引きの中で、悩み、苦しむ。

それとは逆に
「これくらいで、良かったなぁ」
「もっと大変な人もいるのに、ありがたいなぁ」
「少しずつだけどよくなったなぁ」
と、足るを知って生きる人は、にこやかで、
優しく補い合って生きていけるのです。
今の現状に感謝し、有るものを数え、
楽しみや幸せを見いだすことが、知足という生き方なんですね。
まさに人生の極意!?ですね。
自分の息子に学びました。

コップに水が半分しか入ってないと、嘆いて歩む生き方と、
コップに水が半分も残ってると楽しく、
心豊かに生きる歩む生き方があるなら、
楽しく、心豊かに生きる生き方を選びたい。
そのためには、
「望み過ぎない」
「求め過ぎない」
「上ばかり見ない」
ことを心がけること。
なんだろう。
こんな心がけが、できるようになたら、
『人生楽園なり』
ですね。
[PR]

by bagzy | 2009-10-14 17:04