2009年 10月 18日 ( 1 )   

相手の都合の中で、生きていくこと   

2009年 10月 18日

15日の木曜日は、地元の美容室のオーナーさん達と勉強会でした。
いつもの顔ぶれの中に見たことのない人が二人おられたんで、
「どこから、来られたんですか?」
とたずねると
「噂を聞いて、思いきって大阪から、来ました!」
…「ふ~ん、時間もお金も沢山かかるのに、えらいですね」
なんて会話をしつつ、一緒に勉強にはげみ10時くらいに終了。
ボクは次の日朝一番6時の新幹線で、千葉&仙台だったので早く帰宅したかったので、
帰ろーと思ったんですが…

大阪からのお二人の事が、気になります。
「せっかく大阪から来られて、宿に帰って休むだけでは可哀想だなぁ~
思いきって来て良かった。って思わせてやりたいな~。。。
食事だけでも連れてってあげようかな~…
でも、明日早いからなあ~。。。」
と思ったんですが…
「ん~。。。よし!ここは、彼達二人に素敵な時間と思い出をプレゼントしよう」
と思い、
「良かったら、食事にでも行きますか?」
とたずねると
「え~え~一緒に食事していただけるんですか!?」
と大喜びなんです。
「いや~思いきって大阪から、来たかいが、ありました」
…なんて言いつつ、ボクの車に三人で乗り込み『いきずな』と言う
ボクの後輩のやってる居酒屋さんに行きました。
会話も弾み、美味しい魚…
「やっぱり、来て良かったなぁ~みんな笑顔だぁ~」
と思いつつ、気分上々!
そこで、最近凝ってる葉巻をやろーと言う事になり、葉巻のうんちくなんか言いつつ、
「これでラム酒かグラッパが、あれば最高なんやけど~」
と言ってたら、お店の大ちゃん(後輩)が、
「久保先生、うちの店、ちゃんとラム酒は、おいてますよ~」
と言うんで、
「え~ラムおいてるの~すごいねぇ~ちょうだい!ちょうだい!」
「はい!喜んで」
…しばらくして、
「お待たせしました!葉巻に合うラム酒で~す」
笑顔で運んでくれました。
…が、なんだか様子がおかしいなぁ~笑顔の大ちゃんの額に汗が、キラリと光ってます。
あれ~もしかしてラム酒はおいてなかったのに、ボクたちを喜ばそうと
近くのBARから分けてもらったか、近くで買ってきたんじゃないの~
と聞いてみると、ピンポーン正解でした。

ん~嬉しいもんですね~相手を喜ばそうとする行為は、心にしみます。
だって、相手を喜ばそうとする行為は、自己犠牲の上の行動だから、
じーんとくるし、なかなかできるものじゃありません。

相手を喜ばそうという事は、自分の都合じゃなく、
相手の都合の中で生きるという尊い心なんです。

逆に自分の都合の中だけに生きる人は、常に自分の好みや損得だから、
変化のない、成長のない毎日でしょう。
自分の都合の中だけに生きる人は、まわりに笑顔の人が、
少なくてトラブルの多い毎日でしょう。

相手の都合の中に生きる人は、笑顔に囲まれ、充実感と優しさに溢れて
毎日を過ごすことが、できるのでしょう。
少し、損をして生きる。
少し、相手の好みの中で生きる。
少し、相手の喜びの中で生きる。
少し、相手の悲しみの中で生きる。

そうなれば、
少しの得をいただけ
少しの感謝を感じ
少しの慰めをもらえ
自分の都合の中に沢山の応援者と友が、居てくれることでしょう。
まさに『幸せの日々』であり、『人生の楽園』ですね。

そんなこんなしてましたら、今夜も3時過ぎ…
あと3時間もすれば、新幹線の中です…
・・・ん~起きれるかな~(笑)(笑)(笑)
[PR]

by bagzy | 2009-10-18 10:17