2009年 12月 15日 ( 1 )   

☆一隅を照らす心☆   

2009年 12月 15日

今日は、仕事で福井に行きました。
小倉から新幹線で京都まで行き、
京都からはサンダーバードで福井まで行くルート。
もう何度となく通ったルートなんですが、今日は夜の移動。
通いなれたルートですが、夜の移動ははじめてでした。
いつもは、サンダーバードは、琵琶湖を右にのぞみながら走ります。
その時の琵琶湖の美しく壮大なこと。
...ですが、今日は、夜。
真っ暗で何にも見えないだろうと、
なかば諦めて何気に山側(琵琶湖の反対側)を見ていると、
山科あたりに、ぽつんとクリスマスのイルミネーションをした
お家が目に飛び込んできました。
決して豪華ではないけれど、ブルーのイルミネーションにクリスマスツリー。

「あ~夜で良かったな~。
  ましてや、クリスマスのこの季節で良かった~」

なんて思っていたら、またイルミネーションのお家!
今度は、白とオレンジ色。
そうこうしてると今度は、雪の結晶のイルミネーションの家。
次は、ブルーだけのシックなお家。
次から次へ、イルミネーションの家が続きます。

なんだか、じーんとしてきました。
なんだか、嬉しくなってきました。
家に小さなお子さんが、いるんだろうか?
それとも、自己鑑賞のためかな?
それとも、心豊かな人で見る人を楽しませてあげようとしてくれてるのかな?
もしかしたら、ふと目にとまった人だけでも、
ほんの少しでも、笑顔になってくれたらいいな~と
思ってくれているんじゃないかなぁ~
もしかしたら、この日本中を覆い尽くしてる不景気を少しでも、
このイルミネーションで、明るく照らしてくれようとしてくれているんじゃないかなぁ~

なんだか、サンダーバードの車中で、じーんと来て燃えてきました。

車窓から見えるクリスマスイルミネーションの家々に、
『一隅を照らす心』を感じ、頂きました。

全体を照らすことなどできないけれど、
自分の目の前くらいなら、一所懸命光りをあてようと思う気持ち。

派手でなく、人知れず名声をえられぬとも、
只ひたすらに一隅(ある一部、すみの方)を照らし続けようとする心。

大切ですねぇ~
めちゃくちゃ大切ですねぇ~

たとえ、小さな光りでもいい!
たとえ、些細なことでもいい!
一隅を照らす人でありたい!

ただひたすらに咲く、名も無い花のように。。。

けなげに、見返りを求めず、自分らしく咲く花のように。。。

出来ることの中で、最善を尽くす!

小さな幸せを見つけ、喜べる。
心の豊かさを身につけよう!
帰り道にも、あのイルミネーションの家々を見つけよう!
そして、見つけたらお礼を言おう。

「ありがとう。ボクの心にあかりが、灯りました。本当にありがとう。」

と…
日本中にも、みんなの心を灯すイルミネーションの家々がある。

「一隅を照らすみなさんがいる。
  ありがとう。。。ありがとう。。。
     みなさん。。。ありがとう。。。」

おかげで、みんなが微笑み、優しくなれてます。

日本中が、明るく心豊かになれてます。
[PR]

by bagzy | 2009-12-15 08:15