2009年 12月 23日 ( 1 )   

☆ニライカナイ☆   

2009年 12月 23日

沖縄の言葉に『ニライカナイ』ってある。

「海の彼方から、幸せが、訪れる」

という言葉だそうです。
良い言葉ですね。

先日17日に大久保寛司さんの呼びかけで、セミナーがありました。
沖縄タイムスさんの主催で、年間を通じて4回、那覇で開催されました。
1回目は、リッツ・カートンの高野さん。
2回目は、沖縄教育出版の川畑社長。
3回目は、ヨリタ歯科の寄田先生。
そして、4回目にダメぼく。

寛司さんの提案で、この勉強会で集まった収益を
沖縄北部の離島などの人々の命を守るために
ドクターヘリで医療活動されておられる
NPO法人メッシュ・サポートに寄付されたんです。
なんと4回の勉強会で、200万円寄付できたそうです。

さすが、寛司さんです。
一年の終わりに、尊い尊い人のお役立ち参加をプレゼントしていただき、
参加した僕は、一番幸せをいただく事ができました。

また、そうそうたる先人賢者の方々の末席によせていただき、
参加させていただいた喜びと思い出も頂きました。

セミナーに集まっていただいた沖縄の皆さんも、
笑顔の素敵な優しいオーラの人ばかりで、
「神々の島」だと心打たれました。

沖縄は、苦労と困難を乗り越えて、
優しさと明るさと思いやる心を得たのでしょう。

ボクは今回の沖縄ツアーで、多くのことを学びました。

「人を幸せにする総量が、その人の器であり、
素晴らしい存在のバロメーター」


と寛司さん、高野さん、川畑社長、ヨリタ先生から、学ばせていただいきました。

また、
「徳あらば、孤にあらず、必ず隣あり」
とあるように、良いことをやっていれば孤独ではないよ。
必ず素晴らしい人と交わることが出来るんだなぁ。
ということも学びました。

それと、
「人は、苦労した分だけ磨かれ、辛い思いをした分だけ優しくなれ、
失敗した分だけ、未来を明るく見ることが出来るようになるんだ!」
と沖縄の人々の心に触れ、わかりました。


☆沖縄の言葉☆素晴らしい言葉☆


『ニライカナイ』
海の彼方から、幸せが、やって来る。。。
必ず、海の向こうから、幸せは訪れる。。。

泣けてきますね。。。

『ニライカナイ』
どんな時も、希望を持ち、明るく精一杯生きよう。

『ニライカナイ』
祈りや願いを身につければ、
必ずあの海の向こうから、愛が得られるだろう。

『ニライカナイ』
すべての人々が花だとしたら、みんな咲こう。
いのちいっぱい自分の花を咲かせよう。

言霊ですねぇ~

『ニライカナイ』
海を眺めに行きましょう。

『ニライカナイ』
みなさんの年の瀬に幸ありますように。。。

『ニライカナイ』
みんなの心に勇気と光りが、訪れますように。。。
[PR]

by bagzy | 2009-12-23 12:10