2010年 09月 27日 ( 1 )   

☆人生に師を持とう☆   

2010年 09月 27日

ボクには、尊敬する人がいます。

ボクのようなハンパな人間でも、師を持つということは、
人生という登山で地図を手渡されたと同じで、

「未熟な登山家も地図を信じきって登れば、
高い山にそこそこ登れる」


ようなものです。

「こんな人になりたい!」と思える人がいるということは、
大切なことです。
自分のなりたい人間像を持って生きていくということは、
ゴールを見定めて走るマラソンランナーと同じで、
楽しく幸せに到達できる人生になるからです。
反対に、尊敬する人がいない人生は、
ゴールを決めずに走るマラソンランナーのようなもので、
迷走人生になってしまう。
本当に師とは、尊いものです。

順調なときには、おごり高ぶり、調子に乗らないようにいさめてくれる。

不調なときには、暖かな言葉で背中を押し、勇気付けてくれる。

どん底でもがいているときには、闇夜の灯のように導いてくれる存在なのです。


ボクが欲にまみれていたとき、「利より信を選ぶ」ことをさとしてくださった。

ボクが調子に乗り過ぎてたとき、「拡大より充実が大切」と導いてくださった。

ボクが絶望の海原で立ちすくんでたとき、「すべては、必ず過ぎ行く」と
立ち上がる勇気をくださった。

ボクが迷い悩んでいたとき、「投げたものは、必ず返ってくる」と
振り切る自信をくださった。


本当に本当にありがたい存在なのです。

ご自分が、長い年月と絶え間ない苦労と努力で得た叡智を、
惜しみなく注いでくださる。

仏教界では、そのような師を「変化(へんげ)の人」と云うのだそうです。
仏様が、人間の姿をして現れて、幸せに導いてくださった人なのだそうです。
まさに、ボクの変化の人なのです。

そんな我が師と二人で、この10月6日に東京で、
セミナーをさせてもらうことになった。
(PM5時30分より、ナンバースリー表参道スタジオにて)

楽しみであり、名誉あることです。

東京で頑張っておられる人達の、ほんの少しでもお役立ちになれますように、
全身全霊で、がんばりたいと思願っています。

残り限りのある人生を悠々と実りある楽しいものにするために、
皆さんも尊敬する師を持ちませんか?

ブッダもこう云われています。

「尊敬する人を3人もちなさい、
そうすればあなたも尊敬される人になるだろう」

と…

さぁ~尊敬する師を求めて、共に歩みましょう。

そして、歩いた跡に花を咲かせましょう。

後から続く人達のためにも。。。
[PR]

by bagzy | 2010-09-27 13:29