2010年 10月 04日 ( 1 )   

☆悲しみの底で光るもの☆   

2010年 10月 04日

札幌に行ってました。仲良しのベルコのコンちゃんと
先輩の温泉さんのお招きでした。
勉強会も終わり、行きつけの狸小路の「めんめ」で、至福の宴。。。
そこに、旭川の中西さんと田中さんもきてくださり、
温泉さんちのトーマスと愉快な仲間達やベルコの勇者で、
楽しいひととき。

コンちゃんは、悪い人に見えるけれど、優しく、信念の人。

温泉さんは、謙虚で勉強熱心な尊敬に値する美容師さん。

中西さんは、ボクの尊敬する学び多い経営者で、同じ師を持つ弟子仲間。

田中さんは、ボクの釣りの師であり、謙虚で素直で、大好きな先輩。

夜更けの札幌は寒く、短パンにレギンス履いてきて良かった。。。


次の日、温泉さんに見送ってもらい、いざ故郷へ。。。

空港に着くやいなや「悪友」大野くんと「尊敬する」森脇社長が、
北九州に来てくれていたので、また、宴。。。(^^)

次の日は、大野くんとこと、森脇社長んとことバグジーの三社での
合同幹部研修で、我が師北川先生の待つ熊本小国町へ。。。

幹部8名の研修も無事終わり、一泊して帰ってみると、なんと今日は、1日!!
なんと1日は、月に一度の洗心の日(師に逢いに行く日)。

帰って来たばかりなのに。。。
また。。。熊本小国町へ。。。(笑)
着替えだけして、またまた熊本小国町へ。。。
また、二時間のドライブで、
「先生、ご無沙汰してます!?(^^)」(笑)
なんて感じで、楽しく学び、また、二時間のドライブで故郷北九州へ。。。

ついでに(笑)ボクのソウルメイトの北田礼次を乗せて、やっと到着!

そして、また。。。宴。。。(^^)
長旅の疲れを癒やしつつ、愛酒をやってたら、電話が入りました。

「パパ~リサよ~今日リサの誕生日だよ~
 パパ、産んで育ててくれて、ありがとう!!」

あっ!そうか日付変わって10月2日。

「あっあっ、おめでとう!!
 なんか、欲しいものないんか~?」

「うんん、何にもないよ。リサは、今、幸せ。何にも、欲しいもんない。」

「でも、パパに逢いたいな~」

涙。。。

一気に酔いが、まわり。。。
思い出が、走馬灯のように駆け抜ける。

この10年、弟の闘病生活の陰で、苦労かけたなぁ。。。

甘えることもなく、明るく、優しく育ってくれました。

「パパ、今度は、だいちにリサの腎臓を移植しようや~
 そしたら、みんな健康で、久保家は、最高やん!」

と言ってたなぁ。。。


生まれて来てくれて、ありがとう!!

仕事に追われ、社員との別れ(卒業)もあり、
思うように行かない日々が続くこんな日に、
光りが差し込んだようです。

そう言えば、この間の息子の誕生日にプレゼントを買ったときにも、
息子から、メールが入ってました。

「パパ、いつも、ありがとう! これでまた明日から、透析頑張れます!!」

と。。。


『悲しみの底で光るもの』がある。


頑張ろう!!

頑張ろう!!


『自分の人生から逃げるわけにはいかない。
 ならば、ここに花を植えよう!植え続けよう!』

『悲しみの底でも光るものがある。』

『どんなに悲しく、辛くても、必ず光りがあり、望みがあり、道はある。』

息子は、今も終わることのない透析と共に、明るく生き抜いてくれている。

娘は、東京で一人、厳しく辛い美容の修行を明るくやってくれている。

長女は、会社を手伝いながら、妻と犬達の面倒をみながら、
弟をいたわってくれている。


ボクは、頑張る!!


「一日一生」!!


悲しみの底でも、笑顔を忘れず、ユーモアを心情に歩み続けます。

「一生全力」!!

で。。。
[PR]

by bagzy | 2010-10-04 10:52