2011年 09月 28日 ( 1 )   

☆笑いを忘れた人達へ☆   

2011年 09月 28日

人生は、良いことばかりじゃない…


予期せぬ病での不安…


大切な家族の不幸や問題を背負う苦しみ…                 


思うようにいかない仕事…


好まざるトラブルや人間関係…


大好きな人との別れ…


だけれど、みんなそれを乗り越えていく!


必ず、みんな乗り越えていく!



その乗り越えていくときに必要なのは、「前向きな気持ち」、「肯定的な気持ち」…

その「明るく楽しむ心」が、どんな苦労苦難も乗り越えるカギとなる!


あの遺伝子学の村上和雄先生は、
笑いが遺伝子をオンにし病気をも治す力があると言われている。


また、あの陽明学の安岡正篤先生は、
人が、最も大切にすべきは、「喜神を含む心」だとおっしゃっておられる。


笑顔が自分を癒し、相手(みんな)を癒す。


明るく楽しむ心が、自分を救い、相手(みんな)を救う。

だから…


だから…今日は、みんなが笑顔になれる話しを紹介します。


〇夫婦とは、深く難しい〇

あるところに、仲良しの夫婦がいました。


その夫婦は、とっても幸せです。


子宝にも恵まれ、5人の子供がいました。


ですが、夫には悩みが一つだけありました。


誰にも言えない悩みです。

その悩みとは、子供達のことです。


その5人の子供の内の4人は、容姿もよく、勉学もできる頭が良いのですが…
1人だけが、容姿も悪く、勉学もできないのです。

口に出すことできない悩みです…

もしかすると、あの子だけは、俺の子供ではないのではないか?と…誰の子なんだ…


この疑いと疑惑が、夫の唯一の悩みなのですが、こればっかりは、妻に聞けません…


そうこうしながらも、二人は幸せに人生を共に歩んでいきました。


月日が流れ、お互いが老いたある日…
奥さんが病に倒れ、もう幾ばくもなく、病院のベッドに横たわっています。


夫は、ベッドに横たわる妻に思い切って、長年の悩みを打ち明けます…



「気分はどうだい…今日は君にどうしても聞いておきたいことがあるんだ…
 怒ったりしないで答えてくれないか?」


「なあに、どうしたの~」


「君と過ごしてきたボクの人生は最高に幸せだったけれど…
 一つだけ悩みというか疑問というか…今となってはなんてことないんだけど…
 やっぱり、君に聞きたいことなんだ。…」


「なあに…?」


「うちの子供達のことなんだ…5人の子供のうち、4人はよく似ているけれど…
 あの子一人は、みんなに似ても似つかない…あの子だけは…誰の子なんだい…
 こんなこと聞いてごめんね…だけど知っておきたいんだ。あの子は、誰の子なんだ…」



「ごめんなさいね…」


「今まで騙してきて…」






「あの子だけが…あなたの子供なの…」




…(笑)


…え~ぇ~え~ぇ~



そんな…(笑)



夫婦とは…深く…難しい…


ん~



かわいそうで…おかしい話しでした☆



どうでしたか…ちょっと元気出ましたか~



なら…明日から現実から押し潰されずに悠々と乗り切ろう!!


…それにしても…深い…かわいそう…でも…おかしい(笑)
[PR]

by bagzy | 2011-09-28 09:17