2011年 10月 21日 ( 1 )   

◎ボクは、37分30秒…?◎   

2011年 10月 21日

人生が、時計の1時間(一周)だったなら、
針が3を差したとき(15分)で二十歳…

針が6を差したとき(30分)で四十歳…

針が9を差したとき(45分)で六十歳…

そして針が12を差したとき(60分)で八十歳で天国へ旅立つと仮定したならば…

ボクは、針が7を越え、8に差し掛かろうとしている。

残り22分30秒…


人生は、六十歳が還暦と言って、折り返し地点だというが、
現実的に言えば、四十歳が、丁度半分の折り返し…

そう考えると、人生は短く儚いものです…

あっという間の五十年でしたし、この残された年月もあっという間でしょう…


そう考えると、一日一日を大切に生きる気持ちが必要ですね…


朝はなるだけ早く起き、昼間は一所懸命に働き、夜は感謝の中で床につく…


一期一会…目の前の事や人に誠意を尽くしそう。


まして、誰一人として、八十歳まで人生を全う(まっとう)できる保証はないのだから…


ここに、大島みち子さんと言う少女の日記(詩)があります。

みち子さんは、高校生の時に顔の軟骨が腐るという病魔にかかり、
入退院を繰り返し5年かかって、高校を卒業し同志社大学に進学したが、
ほどなく再発し、病院のベッドの上で短い生涯を閉じた…

そのみち子の日記の中に次のように書いていた。



◎神様、私に健康な日を三日だけ下さい…


一日目

私は飛んで故郷に帰りましょう。
そして、おじいちゃんの肩をたたいてあげて…
母と台所に立ちましょう。
父に熱燗(あつかん)を一本つけ、美味しいサラダを作って妹達と
楽しい食卓を囲みましょう…


二日目

私は飛んであなたのところへ行きたい…
あなたと遊びたいなんていいません。
お部屋のお掃除をしてあげて、ワイシャツにアイロンかけてあげて、
美味しいお料理を作ってあげたいの…
そのかわり、お別れのとき、優しくキスしてね…


三日目

私は一人ぼっちで思い出と遊びましょう。
そして静かに一日が過ぎたなら…
三日間の健康ありがとうと、笑って永遠の眠りにつくでしょう…




ボクは、読みながら涙が止まりませんでした…
みち子がひたすらに求めたのは、
ボクらが日頃当たり前にやり過ごしてる(粗末にしてる)ことばかり…
どこにも転がってることばかり…


心を入れ替えて、日々を送らないと…いけない!


一日一日を大切に大切に…

目の前に居てくれる一人一人を大切に…


残り少ない人生を…


大切に…大切に…
[PR]

by bagzy | 2011-10-21 14:30