「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

足るを知る   

2009年 06月 26日

6月のなかばに、ある病院を訪ねた時の出来事です。

その病院の2階にはリハビリのためにたくさんのお年寄りや
病後のリハビリの患者さんでいっぱいでした。

その中の一人の中年の車椅子の方が、ボクに大きな声で
「おーい!!おーい!!」
と呼ぶのです。
ボクは知らない人だし、なんだか避けて通りたかったのですが、
すごく大きな声で呼ばれていたので、渋々その2階に上がりました。

そして、近寄っていってボクはびっくりしました。
私と同じ業界の先輩で、すごくお世話になった方だったのです。

その方は私たち美容師にシャンプーなどを届けてくださるディーラーの方で、
それはそれは私の若いころ、並々ならぬお世話と指導をいただいた方でした。

ですが、昔の面影などなく、言葉もたどたどしく。。。
昔はすごい方で、業界で素晴らしい功績があり、眩しいほどの方だったのに。。。

ゆっくり言葉を探り聞いていくと、数年前『脳梗塞』か『脳溢血』で倒れられ
半身付随になられたらしい。。。
ですが、笑った横顔は昔のままでその笑顔を見ていたら、
涙がとめどなく流れてきて。。。
肩を抱き合い笑い泣きしました。
言葉では言い表せない気持ちになり。。。
自分の足るを知り涙が出ました。

そしたら先輩が携帯をポケットから出して、たどたどしい手つきで
ボクの携帯番号を画面に出して、
「これ、これ、ある。まだある。大切。」
と言うんです。
ボクはもうダメです。
涙でその場にいられないくらい感動しました。

そしてボクに
「すごくなったな~」
と言ってくれたのです。
ボクはなんだか胸がキューンとなり、涙をごまかし抱き合いました。

ボクが
「今度先輩お酒飲みに行こうよ~」
と笑顔で言うと、うれしそうにOKサインをくれました。

別れの時に、車椅子の先輩の後姿にまたグッっときて、泣きながら帰ったのでした。。。
[PR]

by bagzy | 2009-06-26 12:01

求める量と成長する量は比例する   

2009年 06月 23日

日をさかのぼるのですが、6/6、6/7に高知で勉強会がありました。

高知はスゴいところです。
“海もよし、山もよし、何より人がよし”です。
その勉強会の学びの深さと、情熱たるや日本のトップレベルだと感じました。
『乾いた土が水を吸う如く』の表現通り、本当にすばらしい方々との勉強会でした。

そして、もう一つの楽しみは、夜の宴です。
大好きな仲間がたくさん集い、『生きていてよかった』『人生は楽しい』
と至福のひと時でした。

1軒、もう1軒と、そして最後は川筋のラーメン屋さん、大原さん、多田さん、寺下くん
芳野さん、山本くん、そして今日一生付き合うだろうと思う出逢いをいただいた友人達と
楽しいひと時でした。

ん~~なんて人生は楽しいんだろう。
[PR]

by bagzy | 2009-06-23 14:42

長崎の夜はマーヴィン・ゲイで。。。   

2009年 06月 23日

6月8日は、久留米で勉強会があった後に、長崎で勉強会がありました。
長崎の某銀行さんの主催する勉強会でした。

『類は友を呼ぶ』ではありませんが、お集まりの方々がまた、
九州を代表するほどの人柄の方ばかりでした。

昔から『有名無力・無名有力』とありますが、
長崎は例外であり、『有名有力・無名有力』の方々ばかり。
酒席では、読書の話で盛り上がり、中国の古典から西洋の哲学まで
本当に実のあるひと時でした。
また、陸上で有名な監督さんとも逢えて、本当に楽しい一日でした。

この楽しい日の心に残った言葉は、
『木鶏の如くあるべし』
『感謝を持って走れば必ず結果はでる』
でした。

最後の店で、マーヴィン・ゲイを聞きながらのバーボンは最高でした。
[PR]

by bagzy | 2009-06-23 11:02

夜中のシンガポール   

2009年 06月 20日

研修旅行の最終日19日は、バリからシンガポールに行きました。
シンガポールのマーライオンを見ると、幸せになれるとかで行ってきました。
街のパワーと美観に圧倒されました。
そして、夜中1時のフライトのため、シンガポール空港に入りましたが、
そのフライトゲートですごい偶然があったのです。
偶然でなく必然だったのでしょうか。
いつも親しくしていただいている、私が尊敬する大先輩にお逢いしたのです。

夜中の空港に似合わないステキな優しい笑顔で
「いや、お疲れ様です」と。。。
私が、
「お仕事ですか?」
と聞くと、
「はい、そうなんですよ。ジャカルタの方の仲間の応援で」
と。
「相変わらず忙しいんですね」
と聞くと、
「そうでもないですよ。それこそ帰ったその日にBAGZYに予約入れてるから
カットしてもらおうと思ってるんですよ。
そして、来週からはヨーロッパ(ドイツ中心)の仲間の応援に行くんですよ。
そのためにもBAGZYでビシッときめてもらわないと。。」
と優しい笑顔でさりげなく。。。

やっぱりすごい人はスケールから違うな~。
世界を相手に、世界中の仲間と共に。。。ですよ!!
すごい!!
[PR]

by bagzy | 2009-06-20 14:28

部屋中、笑顔でいっぱい   

2009年 06月 20日

先日より(6/16~6/20)BAGZY入社5年生の研修旅行でバリに行ってきました。

一人ひとり本当に頑張ってここまで来ました。
この5年間によきコトも、悪しきコトもありましたが、
笑顔でこの旅行に来るコトができました。

昨年も昨々年もずっと続けてきた研修旅行です。
昨年のみんなも笑顔でした。
その前の年も、またその前の年も、みんな笑顔いっぱいの旅行です。
それもこれも、日本でそれを見送り、店を守ってくれている仲間がいてくれるからです。
本当に心から感謝です。

そしてまた、この旅行で好例になっているコトがあるのです。
それは、一緒に行ったスタッフが私に逆サプライズで
『5年間ありがとう企画』
をしてくれるのです。
ある年は全員でダンスをレッスンして披露してくれたり、
手作りのアルバムを作ってくれたり、
重い重い木彫りのゾウをもらったりと毎年楽しみにしています。

今年はボクのいない間に私の部屋中にみんなの笑顔の写真で埋め尽くされ、
プールには大きな大きな布にメッセージをいっぱい書いて浮かべてくれていました。

本当に今までありがとう。
みんなからしていただいたのは、ボクのほうです。
本当に心から感謝しています。
BAGZYファミリー全員に感謝しています。


私の師の言葉です。
「遠い国に行ったコトも、遠い昔に行ったコトも、
必ずあなたに追いついて、必ずあなたに返ってくる。
人生は投げたものが返ってきてるだけなんだよ」

の言葉をかみ締めて、幸せいっぱいの4日間でした。
本当にありがとうです。
[PR]

by bagzy | 2009-06-20 13:27

名店『めんめ』   

2009年 06月 16日

先月、北海道に行ったとき、ステキなお店に出逢いました。
そのお店の名は『めんめ』
札幌のたぬき小路にあるお店です。
地元で取れたものしか出さないお店で、メニューは毎日書き換えるそうで
山の幸、海の幸でいっぱいです。
また店の雰囲気も、流行などどこ吹く風の飾らない味のあるお店です。

ボクは久しぶりにいいお店に出逢ったな~と思い、友人の温泉さんと
トーマスくんとピアセラボの田中さんとよい時間を過ごしました。

そしてあっという間に時間が過ぎて、私はホテルに送ってもらい
ホテルに着いて大変なコトに気付きました。
お店に携帯を忘れてきてしまったのです。
ボクは焦って名刺を探し、連絡をして取りに行こうと思い、
『めんめ』に電話したところ、優しく穏やかな声で

「あ~すみません。気付かなくて。
ですが、ご心配なく。携帯はありましたから。
それに今すぐには行けませんが、手が空いたらすぐにホテルにお届けしますからね~」

と言ってくださるのです。
ん~~なんだか遠い旅先の優しさは心に染みます。
携帯を忘れた人にお届けする
できそうでできない思いやり、おもてなしでした。
参りました。
[PR]

by bagzy | 2009-06-16 13:32

 アイコンタクト    

2009年 06月 13日


先日、広島でセミナーがありました。
その夜、地元の美容師さんとダリアさんと会食をしました。

その時行ったお店は「山人」(さんと)。

入ってびっくり!!!

7~8人居るスタッフさんがツルツルの丸坊主に作務衣なんです。

なんだか凛とした空気。なんだか神々しく、ピンとはりつめたような空気です。

対応もよく、また笑顔もよくすてきなお店でした。

私が遅く行ったのに、嫌な感じはなし。

そして心地よい時間も過ぎて、ラストオーダーの時間になったその時です。

一人のスタッフさんが、私たちにラストオーダを知らせに行こうとしたら
そのスタッフにオーナーさんが、アイコンタクトしました。

「 いま、あそこのお客様は話に夢中で楽しんでいるから
               もうすこしあとにしてあげなさい! 」 という、アイコンタクト。 

すると、そのスタッフさんは、ニコっと笑い仕事に戻りました。

それを、たまたま見ることができた私は、とても嬉しかったし、感動しました。
 

  『 自分の都合でなく、相手の都合に合わせる 』 


そんな、サービスの王道に出逢った瞬間でした。

本当によいお店でした。
[PR]

by BAGZY | 2009-06-13 14:28

プリン   

2009年 06月 02日

先日、親しくお付き合いいただいている
SWEETSのカリスマ所さんより、
バースデイプレゼントにプリンとロールケーキが届きました。
なんと『白ゴマプリン』と『マンゴープリン』、『黒いロールケーキ』で、
その一つ一つが大きな声で
「カンペキ!!!!」
と言いたくなるほどおいしい。
素材一つ一つの『こだわり』が伝わってくるんです。
その『こだわり』こそが、その人の人間性なんでしょうね~。
その『こだわり』こそが『志』であり『思い』なのでしょう。

所さんはギャグはあまり面白くないのですが(笑)。。。
人柄はケタはずれです。
その人柄が『こだわり』となって表れるのでしょう。

たとえばある商品やサービスが1000円だとします。
その時フツーならば原価と言うか、利幅と言うか。。。
それが500円だとします。
『こだわり』とはその500円を越えるものなんじゃないだろうか?
その越えたものこそ『こだわり」であり『思い』なのでしょう。

『利は信を選ぶ』とはこの事でしょう。
この混迷の時代に利ばかり追いかけて、なるだけ安く仕入れ
高く売る商人ばかりの中だからこそ、
少しの利が減っても最高のものを作る心こそ大切なのでしょう。
所さんがよくサインする言葉で
『菓子道』
とあるのはその道なのでしょう。
さすがです。
[PR]

by bagzy | 2009-06-02 17:02