<   2009年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧   

絶望の向こう側に見えるもの   

2009年 08月 30日

退院一週間目。
福島の仕事から東京に移動して、明日から青森での勉強会です。

仕事に打ち込んでいる一瞬は、息子のことを忘れているのですが、
やはり息子のことが気がかりです。
今も、感染症の影響か免疫抑制剤の影響か、
微熱が続き、まだ病院に入院して頑張っているので、
体の回復を祈り、心の立ち直りを祈り続けています。
『早く傷が癒えて、熱も下がり、一日も早く退院できますように。。。』
『発病して7年間の悲願だった移植手術失敗での失望と苦悩から、
一日も早く立ち直り、将来に明るく立ち向かえるように。。。』
祈る毎日なんです。

そしたら、昨晩息子から電話が入りました。
着信画面に息子の名前!!
よい知らせか、悪い知らせかとドキドキしながら出たら、
「パパ、何やってるの?
なんとなく、電話したんよ~」
嬉しくて嬉しくて泣けてきました。
ボクが
「傷の治りはいいか?痛まないか?」
と聞くと、笑い声で
「傷口の写メ送ろうか?」
と言うんです。
泣けてきて
「おぅ、送ってくれよ~。じゃあな~」
と電話を切りました。
嬉しく、ありがたく、尊く、幸せです。

ん~~さすが自慢の我が息子!!
立ち直りが早く、その上ユーモアまでも。。。
さすがだなぁ~。
親の顔が見てみたいemoticon-0140-rofl.gif
[PR]

by bagzy | 2009-08-30 15:54

人生、生きてさえいれば。。。   

2009年 08月 29日

退院6日目、体の傷はドンドン癒えていきますが、
なんだか心の傷は、波打つように収まったと思ったら
また騒ぎ出し、騒ぎ出したかと思えば穏やかになる。
考えれば考えるほど、心の傷は癒えないものです。
孤独、沈黙、静止は大敵ですね~!!
心の傷の特効薬は、やはり笑いでしょう。
楽しいことの中にいると癒えていきます。

今日の早朝なども、いろいろ考えて眠れず、
ウトウトしてたら寛司さんから
「今からそちらに伺います。」
とメールがあり、わざわざ2時間もかけ車を
運転してきてくださるのかと思っただけで、心が晴れ晴れ!!
早速リハビリもかね、朝風呂に入り、早めに仁愛大学に行き
寛司さんと対面!!
日本一の笑顔でボクの拙い話を大きくうなずき、
大きな笑顔で聞いてくださり、心の傷は消滅したようです。
その上、ボクらの仲間に貴重なお話も頂き、神様のような方です。
みんなを幸せにする総量が、ハンパじゃぁないです。
本当に最高に感謝いたしました。

その後、寛司さんや親しい友人たちと別れ、いざ東京へ。。。
アミーゴ土橋さんとファンさんと米原を経て、東京到着!!
浅草で夕食しようと、浅草に着いたら運良く人力車があり、
土橋さんが
「久保さん、人力車で行きましょう。
ちょっと浅草散策でもしながら。。。」
ということになり、はじめて人力車で浅草散策していたら、
沢山の人ごみの中に黄色いヘルメットをかぶって自転車オヤジが
2人ボクらの人力車の前を走ってました。
そのオヤジ達の背中には、白いペンで何か書いてあるのです。
一人の背中には
『おかえりなさ~い』
と書いてあり、もう一人の背中には
『やがてすべて過ぎ行く』
と書いてあるのです。
ボクは
「見てみて!!土橋さん、あのオヤジ達の背中~。
スゴイよ~奇跡みたい!!」
と興奮して言うと、土橋さんはニヤニヤしてるだけなんです。

そうしているとまた、路地を曲がるとあのオヤジ達。。。
やっとそこで
「え~ぇぇぇぇぇぇぇlぇぇぇぇサプライズ!?
えぇぇぇぇ~ウソ~!!」

あまりのおかしさと嬉しさで、笑いながら泣きました。

土橋さん率いるブラッセルズの幹部の方達の
退院おめでとうサプライズでした。
もう心の傷など吹っ飛んでしまいました。
衣装やペンキ書きや打ち合わせ、人力車の手配と。。。
かかる手間とリスクを考えると本当に最高の喜びです(^-^)
その興奮冷めやらぬうちに、大野くんも交え会食して。。。

ホテルに帰り着きました。
部屋に入ろうとカギを開けると、ドアが自動で開きました。
部屋に入ると、全ての部屋に手すりが付いており、
体の不自由な方専用の部屋なんです。
部屋に入って、じゎ~っと涙がわいてきました。
嬉しくて嬉しくて。。。
うちのスタッフが用意予約してくれたんでしょう。
もうなんだか、幸せで幸せで。。。
「あ~ぁぁ~生かされてるなぁ。。。
人の関わりの中で生きていくことこそ
至福の人生だな~」
と涙ながらにベッドに目をやると、なんと
『アンジェリーナ・ジョリー』の等身大の看板が置いてありました。
「ん~~ここまでやるか!!」
ブラッセルズの仕業だな~。
ホテルのベッドにアンジェリーナ・ジョリー。。。

メールに息子から
「元気ばい」
とあり、最高に幸せな一日でした。
感謝☆感謝☆です。
[PR]

by bagzy | 2009-08-29 11:40

傷は確実に癒えるもの   

2009年 08月 28日

昨日、京都を出て福井の武生を目指し、雷鳥に乗った。
キラキラ輝く琵琶湖を右側に見ながら、武生駅に着いたら
ホームまで北田さんと竜太が迎えに来てくれていた。

絶望の闘病から2週間ぶりに家族以外の親しい人と逢った。
北田さんはボクの傷の痛み軽減のために、
車にクッションを用意してくれてた。
じぃ~んときて、泣きそうになった。。。
そして、仁愛大学に到着しました。
そこには私の大切な友人達が全国からたくさん来てくれていた。

伊藤さん・大野くん・森脇社長・文子先生・小牧社長・多田さん
土橋さん・寺下くん・山内くん・大橋くん・山本くん・種田くん・桜井くん
それに全国の美容業界の仲間たち。

一人一人の笑顔とハグで、どんどん元気になります。
どんどん傷が癒えていきます。
ありがたいです。
若いころの友情より、歳とってからの友情のほうが尊く感じます。
みんなの好意の中にいると、傷がどんどん癒えていきます。
病や不幸に押し潰されそうな人は、人と逢うといい。
特に好意を持ってくれる人に。。。
ヘンな薬や治療より、効果絶大ですよ!!

また、今日は自宅から朗報がありました。
あの傷だらけの息子が、元気になり、手術後の傷口を写メで送ってきて
「もう治ったよ。だから早く退院させて~」
と明るくユーモアのあるメールが入ったらしいのです。
嬉しいですね~。
息子の強さ、優しさが心に染みます。。。
本当は辛かろう。。。
本当は苦しかろう。。。
と思うと燃えてきます!!
「あきらめないぞ~!!
絶対幸せにするぞ~!!」

この身、朽ち果てるまで、命いっぱいやってやるぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!

息子の笑顔と友情で、また傷が癒されました。
[PR]

by bagzy | 2009-08-28 09:36

神からのプレゼント   

2009年 08月 26日

今日は、朝から鎌倉へ行ってきました。
歩くと激痛のため、ゆっくりゆっくり歩いて行きました。
不思議なもので、いつも時間に追われ、常に急いでいるときには
見えないものが、ゆっくり行くと見えるんですね~。
街並みの木々、車窓からの景色、すれ違う人たちの表情、
床の色や駅々の趣(おもむき)。
何度となく訪れているのに、見えてなかったんですね~。
やはり『何かを得たら、何かを失う』のでしょう。

さて、勉強会の時に立ったままで2時間は難しいので、
わがまま言って座って行わせてもらいました。
すると、なんと2時間を超えるほどの勢いでした。
「今日は腹割って!?話しましょう!!(笑)」
リアルすぎぃぃぃ(笑)

そして無事に終わり、またゆっくりゆっくり歩いて、明日に備えて
京都泊り。
やっとの思いでホテルについて、
「予約していた久保です」
というと、フロントの方が
「久保様、誠にすみませんが、今日は夏休み最終週で
団体のお客様がいっぱいで、ご予約のお部屋が空いてなく。。。
当ホテルで一番のスイートルームに変更させていただいて
よろしいでしょうか?もちろん料金はご予約のお部屋料金の
ままでよろしいので。。。」
!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?

作り話じゃない、マジな実話なんです!!
信じてくださいね~。

バカラグラスにエスプレッソマシーン、FAXにカラーコピー機
応接セット3つ、TOTOのハート型のジャグジーに
お風呂に持ち込むテレビ、CDプレーヤーにipodプレイヤー。。。
案内されて、係の方に
「この部屋は通常お幾らくらいするの??」
聞くと、15万!?ですって!!
えぇ~~~~~って本当の話なんです(笑)
なんだかこの世で一番不幸なボクかと思いきや、
なんと幸福なことか!!
お腹の痛さを推してがんばったご褒美を、神様がくれたのでしょうか!?
一生に一度泊まれるかどうかの、超~~リッチな夜になりました。

神様にもっとお願い出来るなら、
「まだ傷いえぬボクの息子を泊めてやってくださいませ~~」
って。。。
とにもかくにも、神様からの粋なプレゼントでした☆
[PR]

by bagzy | 2009-08-26 00:19

遠いなぁ~名古屋。。。   

2009年 08月 25日

24日仕事始め!!
明日からの鎌倉逗子での勉強会のため、前日移動で
名古屋に入りました。
日頃、何度となく来る名古屋ですが、術後間もないこのカラダなんで、
遠く感じます。。。
新幹線もいつもより揺れる感じで、キズに堪えます。
歩くスピードも上がらず、すごく遠く感じました。
いつも持つリュックサックも重く感じます。

ですがボクの心は晴れ晴れです!
その理由は、息子の感染症の恐れがなくなり、朝から笑顔だったことと
今日これから尊敬する大久保寛司さんと会食してもらえるのです。
(すごく心配してくださって。。。)
普段お逢いしたくてアポ取りしても、数カ月かかる程の
ハードスケジュールの寛司さんとゆっくり逢えるなんて、
本当にボクは恵まれてるんです。

名古屋駅でお逢いしたら、いきなりハグ!
「よ~く頑張られましたね~」
。。。それだけでボクはもう泣きそうemoticon-0106-crying.gif
「術後の行い、言葉、周りに対する気遣い、
最高に素晴らしかったですよ~
また、そのことで幾人の人たちが勇気づけられたことか。。。」
とお褒めの言葉をいただき、勇気が湧いてきました。

そんな会話で楽しいひと時をいただいて、最後に
「寛司さん、次はいつ逢えますか?」
と尋ねたら、
「28日の福井でね~」
と言われるので、
「もしかしてボクの仁愛大学の勉強会に来られる!?
ということじゃないですよね?」
と尋ねると、
「そうだよ~。あなたのスケジュールを見て、大丈夫かな~と思ってて、
もしものときには久保さんの代わりになろうと思って
スケジュール空けて行くようにしてたんだよ~。
といっても、受講者の方が我慢してくださると言ってくださらないとね~」
と。。。
!?!?あまりの感動で泣きました。。。
あの日本一人気で、引っ張りだこの寛司さんが、
半端でダメなボクのためにスケジュールを空けてくださり、
まして、代役するつもりとは。。。
この優しさ・思い・慈愛。。。感動です!!
やっぱり寛司さんは違うわぁ~。

でも、その寛司さんの壮大な計画も、ボクの回復が順調なため
実現しそうになく、予定通りボクの講義になりそうです。
ん~回復しないほうが、みんなのため!?
回復しないほうが、みんながしあわせ!?
なんだか微妙。。。
嬉しいやら、悲しいやら、変な感じですね~。(笑)

まぁ、とにかく息子の笑顔と寛司さんの優しさで
最高の仕事始めになりました。
28日の福井はどうなることやら。。。
[PR]

by bagzy | 2009-08-25 08:25

サルスベリの花が。。。   

2009年 08月 24日

あっという間の入院生活(2週間)が終わり、久しぶりの我が家です。
いいもんですね~、やっぱり我が家は。。。

朝早く起きて庭をのぞくと、サルスベリのピンクの花が
夏の終わりを告げるように咲いています。
みかんの実や、柿の実も大きくなり、秋を待ち望んでいるようです。

今年の夏はあっという間でした。
7月にドナーの適応検査入院、入院準備、入院中の仕事の段取り
8月に入りすぐに息子が入院。それを追いかけるようにボクも入院。
そしてあの日。。。
そしてあの苦悩と絶望の10日間。
気がつけば、もう9月になろうとしています。
『やがてすべては過ぎ去る』
まさに言葉通りですね~。

きのうのお昼頃、息子の病院に娘とお見舞いに行きました。
やはりまだ食欲がないらしく、麺類がいいとのことで焼きそばを買い
行くと、笑顔の息子がいました。
嬉しそうに食べてくれました。
日に日に元気に明るくなっていくようです。
早く退院できて、透析生活でもいいから、
息子の好きなことのできる日々を過ごさせてあげたいですね。

そんなこんなで帰る時に、お世話になった、
なっている看護士さんたちにご挨拶しにいくと、看護士さんたちが
「久保さん、昨日退院する時に、部屋の掃除とシーツ・布団・枕を
たたんで帰られたんでしょ?
あんなにきれいにして、退院していった人は初めてだね~
って掃除係の人たちが感動されてましたよ~」
とお言葉をいただきました。

サルスベリの花、息子の笑顔。。。
ん~思いで深き善き夏の終わりの一日でした。
さぁ~明日から仕事です!!
できるかなぁ~。やるぞ~!!!
楽しみです。
鎌倉~福井~福島~青森とゆっくりと一週間かけて
行ってきまぁ~す!!

追伸

いつもブログを見ていただいている方々、コメントいただいた方々
本当にありがとうございます。

コメントいただいているのに、返信できなくて申し訳なく思っています。

本当に本当にありがとうございます。
[PR]

by bagzy | 2009-08-24 08:23

復活祭   

2009年 08月 22日

おかげさまで、8月22日午前11時10分
北九州済生会病院を無事退院しましたぁ!!
心残りは、傷だらけの息子を残していくことです。
ですが、移植手術9時間・カテーテル手術2時間・移植腎臓摘出手術4時間
合計15時間の大手術のダメージと感染症に3つの大きな傷跡にもめげず、
その息子は小さな笑顔で手を振ってお別れをしてくれました。
さすが我が自慢の息子です。

今日からまた、息子の小さな笑顔を励みに頑張りまちゅ~!!

8月の日差しはまぶしく、尊く感じます。
みなさんの好意のおかげで、絶望の海原も乗り切ることができました!!
本当に本当にありがとうございました。
今日より復活して、根性入れて底抜けの明るさで歩みます。

『やがてすべてのことは過ぎ行く』
との師の導きの声のもとに。。。
[PR]

by bagzy | 2009-08-22 11:51

オーバーオール!?   

2009年 08月 21日

昔、チャーミーグリーンのCMに可愛いおじいいちゃんとおばあちゃんが
オーバーオールを着て畑仕事しているものがありましたが、
覚えてますかぁ?
あのオーバーオール(作業着?)をボクは探しているのです。

なぜかと言うと、明日からの尊い仕事復帰のため、
いろいろと準備していたら、お腹のキズのためジーパンどころか、
パンツのゴムも痛くて履けないことが発覚。。。
ふんどし!?着物!?作務衣!?
と思案してましたら、名案が!!!
あのチャーミーグリーンのオーバーオールだぁ!!
あれなら完璧!!
さらしを巻いても、腹巻しても、歩いても、立ってても、座ってても完璧!!!

来週からオーバーオール(作業着)で全国行脚で~す。
見ても、笑わずそっとしててくださいねぇemoticon-0102-bigsmile.gif

                   ~チャーミーグリーン久保より~
[PR]

by bagzy | 2009-08-21 21:29

ポカリスエットが。。。   

2009年 08月 21日

早いもので術後10日目です。
朝から
「何か必要なものはないですか?」
と何人もの友人知人が。。。
必要なものがないので、
「ポカリスエット!」
と言っていたら、冷蔵庫に入りきれないほどのポカリスエット!!(笑)

次から次に。。。
お取引先の業者の方。
お袋。
おじちゃん。
スタッフ。
大分の友達が本を持ってきて。
ビデオを持って一番弟子のさほが。
ボクの可愛がっている大ちゃん(居酒屋いきずな)は、
般若心経を書いてきた。
毎日ですが、昼夜に炊きたてご飯とおかずを妻が持ってきてくれて、
夕方にビデオや必需品を娘が。。。
それにBAGZY創業メンバーで、数年前に退職したハコちゃんが、
少しでも元気にできたら。。。と来てくれた!!

日頃ボクがしてあげてる。してやってる。
と思っていた人たち。。。
とんでもない勘違い!!
とんでもないおごり!!
ボクがしていただいてるんだ。
ボクは生かされているんだなぁ~
と心が澄み渡る思いです。

相変わらずメールやでんわもたくさんいただき、
心底幸せを感じます。
その連絡の内容は、特に来週から仕事復帰させてもらうんですが、
それをみんな心配してくれているようです。
ずいぶん悩みましたが、やっぱり仕事復帰します。

1日でも早くご恩返ししたい!!
1人にでもお役に立ちたい!!
息子のためにもう一度、夢に挑戦したい!!
1日でも早く、友に逢いたい!!
一日一生!!


師いわく、
『誇っても自慢せず、慎重な行いで、謙虚で明るく透明感のある将』
を目標に歩みなさい。
と、お言葉をいただきました。

がんばりまちゅ~!!
[PR]

by bagzy | 2009-08-21 08:37

感謝のシャワー   

2009年 08月 19日

術後9日目です。
ボクは相変わらず奇跡的回復で、歩行器なしでス~イスイ!
なんと8日ぶりにお風呂に入りましたぁぁぁぁぁぁ!!
寝たきりだった背中に当たるシャワーの気持ちいいこと。
友人が贈ってくれたヒノキの入浴剤を入れた湯船につかったら、
そこは天国のよう。
涙がポロポロとでるほどです。

お風呂からあがり、体を拭きながら姿見(鏡)をふと見ると、
『英雄の証』のようにおなかのキズが光ってました。

風呂上りに息子の病室に行くと、まだ微熱はあるものの
笑顔の息子が座っていました。
笑ってるだけで嬉しい!
座ってるだけで嬉しい!
なんだかモチベーションが上がってきました。

久しぶりにテレビを見てるだけでありがたい。
ベットに横になり見渡すと、スタッフたちからの激励グッズ。
お見舞いにいただいた花・お守り・お菓子・フルーツ。
そしてなぜか釣竿や甲子園応援タオル!?
すべてに感謝です!!

特に日頃当たり前のようなことに、
キョーレツに感謝です。
シャワーのように感謝することばかりです。

お風呂に感謝!!
息子の笑顔に感謝!!
座ってるだけの息子にも感謝!!


やはりすべては心の置き所なんですよねぇ~。
些細な事にも感謝できることが、幸せの極意なんですよね~。

ドクターの笑顔
看護士さんの笑顔
家族の笑顔
弟子たちの笑顔
友人の笑顔


笑顔に囲まれ、感謝のシャワーを浴びとりま~すemoticon-0140-rofl.gif
[PR]

by bagzy | 2009-08-19 20:50