「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

人生は、願い続けたようになる!!   

2009年 09月 26日

ボクの好きな作家さんの(アラン・コーエン)さんの著書の中に、
こんな話がある。

ある青年が、夢と希望を持ち社会に出たものの、
最初に入った会社からはリストラされ、
次に入った会社はなんと倒産して途方に暮れていたそうです。
それでも何とか折れそうな心に耐え、再就職を探しました。
ですが、自分の思う会社が見つかりません。
そんなある日、家に一枚の求人のチラシが入ります。
この街よりもう少し奥まった田舎町の小さな町工場の工員の募集でした。
青年はこのチラシを見て、呟きました。

「こんな工場なんかで働きたくないけれど、
いつまでも遊んでいるわけにもいかないから
とりあえずここでいいから働くか。。。」

そして、次の朝沈んだ気持ちで面接に行きました。
すると、その町工場のおじさんが汚れたワークウエアで現れ、
青年に向かってこう言いました。

「ようこそ。
きみに一つだけ質問させてくれるかい?
きみの夢や希望を聞かせてくれないかい?」と。。。

青年は怪訝そうに答えました。

「今まで夢と希望を持ち生きてきましたが、
良いことなど何一つなかったので、今は夢や希望は
持ち合わせていないんです」

と答えた。すると、おじさんは、ニコッと微笑んでこう言った。

「それはよくないなぁ。
人生は必ず夢や希望の方向に進んでいくし、
願ったようになっていくものだから、
夢と希望はしっかり持っていないと幸せになれないよ。
もう一度よ~く考え直してごらんなさい。
あぁ~そうだ、この先に美しい湖があるから、
散歩でもして考えてみなさいな」と。。。

言われた青年はおじさんの意見を素直に聞き入れる気になりません。
ですが、ここの工場にいるよりは湖を眺める方がマシだと思い
てくてく歩いてその湖に行きました。
そして、その湖をボ~ッと眺めているとある釣り人が目に入ります。

その釣り人を見ていると、とっても不思議な行動をしているのです。
その釣り人は、大きなニジマスを釣り上げては大きさを計り逃がし、
小さなニジマスを釣っては大きさを計り、魚籠(ビク)にしまっているのです。
(キープしているのです)
不思議に思った青年は、釣り人のところまで行き、尋ねました。

「なぜ大きなニジマスは逃がし、小さなニジマスを持って帰るのですか?」

そしたら釣り人がおもむろにリュックの中から、
小さなフライパンを出してこう言うのです。

「おいらの家にはこの小さなフライパンしかないんだよ。
だからさ、このフライパンで料理できる大きさの魚を釣ってるのさ!」

青年はハッとしました。

ちょっと待てよ。。。
自分のフライパンにあった魚を集めてる。。。
大きな魚を捨てて。。。
自分のフライパンに入る魚を集めてる。。。

あっ!!そうか!!あの町工場のおじさんが言った言葉。。。

『夢や希望の方向に進んで行くんだよ。
願ったようになってくんだから。。。』


そうか!夢と希望はボクのフライパンと同じようなもんだ。
大切なことは、しっかりと夢と希望を持って生きていくことなんだ。
それも大きくしっかりしたものをね!!

そうか、人生は願い続けたようになっていくんだ!!
自分の思い描いているものを無自覚のうちに集めているんだ!!

そう感じた青年は、生まれ変わったような気分になり、
急いであの町工場のおじさんのところに行きました。
そして、さっきとは別人のような笑顔で言ったそうです。

「もう一度面接を受けさせてください!」

その青年は、その後夢と希望の通りの素晴らしい人生を歩んだとのことです。

ん~~フライパンに合ったニジマスか。。。
ん~~考えさせられるなぁ。
願い続けていると、自然とその願いのような人生になるんだぁ~!!
[PR]

by bagzy | 2009-09-26 16:52

累計すると感謝と尊敬が。。。   

2009年 09月 22日

先日、最近よくコメントを送ってくれる友人とのやり取りの中で、
『腎不全の人は、貧血気味になるため、
”エポジン”という筋肉注射を打つんだけれど、
痛そうで、あれって代わってあげたいね』
と話す会話の中で、
『ボクの息子も7年間打って、合計(累計)で170本も打って頑張ったんだよ』
なんて話したとき、なんだか2週間に一度の注射というとそうでもないけど、
合計(累計)170本っていうと凄いなぁ~と思ったんです(感じたんです)。

合計(累計)すると「よく頑張ったなぁ~」とか「凄いなぁ~」とか過去もひっくるめて
感謝と尊敬すら感じるもんですね~。
そうやって考えてみると、合計(累計)すると『感謝と尊敬』が湧いてくるんです。
例え、マイナスと思えるような事でも、『感謝と尊敬』が湧いてくるから不思議です。

病気のためだったにしても、まぁよく170本も我慢し、頑張ったなぁ~。とか、
もう何年も一緒に仕事をしてくれたなぁ~。とか、
何度お手紙をいただいたことかなぁ~。とか、
もう何年になる友情で、何度楽しく旅したものかなぁ~。とか、
何人の人の髪カットさせてもらって、喜んでもらったかなぁ~。とか、
過去に遡って合計(累計)することで、些細なことでもありがたく、尊く感じます。

『一緒にいてくれることへの感謝』
『覚えてくれていることへの感謝』
『ただそこに居てくれることへの感謝』
『続いてくれたことへの尊敬』
『度重なる貢献への尊敬』
『出逢えたことへの尊敬』


目の前のことだけじゃなく、今までのことも忘れずに合計(累計)して、
忘れてた感謝と尊敬を持ちましょう。
積み重ねてきた努力や貢献に、より大きな敬意を持ち、大切にしましょう。
過去に感謝!!
存在に感謝!!
相手に尊敬!!

を。。。
[PR]

by bagzy | 2009-09-22 18:09

腎臓移植再挑戦!!!   

2009年 09月 17日

15日の火曜日は、焼津で勉強会でした。
焼津はとても好意的な方ばかりで、楽しく勉強できました。
勉強会終了後は、朝一番に地元北九州に帰らないといけなかったので、
その足で静岡まで移動しました。
静岡までの移動は、頼もしい親友たち(ミスターミツイ&竜太&篠原くん)
の好意で車でスーイスイと。。。

静岡駅近くの行きつけのおでん屋さんで、舌鼓(^-^)

「久保先生、もうお酒大丈夫なんですか?」と質問。

「手術前は10杯くらい飲んでいたから、5杯くらいは大丈夫だよ~」

「なんで5杯なんですか?」

「腎臓を一つ取ったから。。。(笑)」

「えぇ~~笑えませんよぉ~(>_<)」
なんて会話に静岡名物『焼酎緑茶割り』ん~~美味しい!!!
以前呑んだ緑茶割りと違う(笑)
ともあれ、善き夜でした☆

さて、次の日朝一番なのは、手術後初めての検査と
腎臓バンクの登録のためでした。
息子は、おかげさまで合併症も乗り切り完全回復でした。
私のほうが、無理がたたったか炎症をおこしているそうです!!

そんな感じの検査も終わり、いよいよ腎臓バンクの登録の手続きです。

移植手術再挑戦の始まりです!!

まず、登録をするのに今透析を行っている病院にある資料を提出します。
その資料が受理されると、その協会から息子の血液を採取しに来るらしく。。。
そこまでで、腎臓バンク登録手続き終了だそうです。
あとは、神に祈るばかりです。

主治医の先生が、
「久保さん、まだ術後1ヵ月だからすぐに再移植手術は無理ですよ。
だから、手続きはもっと後でいいんじゃないですか?」
って言うんです。私は言いました。
「先生。ボクは息子のために本気ですし、徹底的に調べたんです。
腎臓バンクでドナーを待ち、運よく選ばれる条件で大切な条件は、
登録待機日数が長い人が優先されるんですよね。
ですから、一日でも早く登録したいんです!」と。。。
主治医は、
「あっ、そうですか。。。そうですよね。。。
では、登録手続きされてください」ってです。
先生の言うとおりすぐに選ばれれば、
ボクの息子は再手術は無理かもしれないけど
『親心』です。。。
息子とあきらめないと誓い合ったんですから。。。
折れそうな心を支えあって向かう挑戦なんです。
一日も早く登録手続きし、毎日神に祈ります。
ただただ前向きに生き抜きたい!!
あの移植手術失敗という絶望の海原を乗り越えての
希望への挑戦なんだから!!
心の底から湧きあがる勇気に後押しされて、燃えています。

息子はボクに病院の待合室で言いました。
「友達からイイ言葉もらったんよ」

『どんな苦労も自分を成長させる。
神様からの贈り物と思い、
乗り越えて生きなさい。
その先に光が見えるから』


ん~。。。参った。。。(涙)
怖かろうに。。。
痛かろうに。。。
辛かろうに。。。
感謝です!!我が自慢の息子に感謝です!!
[PR]

by bagzy | 2009-09-17 21:41

晴耕雨読   

2009年 09月 15日

14日に飛騨高山に勉強会に行きました。
名古屋から特急ワイドビューひだ号で、2時間30分の道のりです。
緑豊かな飛騨の山々を抜け、渓流を縫うように列車は走ります。
山を抜けるたびに街や集落があり、
田んぼは稲刈りを始めたところもあり、
笑顔で収穫を喜ぶお百姓さんが見えます。
黙々と畑の手入れをするおばあちゃんも見えます。
また、山を抜けると田畑の実りに向き合う
おじいちゃんおばあちゃんが見えます。

その尊い営みを讃えるように、真っ青な青空が包んでくれてます。
ふと、そばの渓流を見ると、鮎釣りを楽しむ賢人がいます。
この清々しい晴天に目の前の仕事に精を出す。
目の前の仕事を楽しむ。
まさに『晴耕雨読』の「晴耕」ですね~。
指示されてやるのではなく、報酬のためにやるのではなく、
誰に見られ、認められたくてやるのではなく、
たんたんと楽しみながら働く!!
この晴天と秋風が、その尊い営みに微笑んでいるようです。
明日も天気は良いでしょうか?
晴天ならば「晴耕」で、もし雨ならば「雨読」でしょう。
ゆっくり流れる時の中で、読書もまた格別であり尊いものですね。

楽しく汗を流すお百姓さまを見ると、自分が恥ずかしくなります。
悠々と自然に任せて生きる人達を見ると、なんだか憧れます。

『晴耕雨読』
晴れた日には田畑を耕し、雨降れば本をたしなむ。

ん~大切だなぁ。
そこまで出来なくても、『よく働き、よく遊ぶ!!』からでも
始めてみようかな~。
なんて気づかせてくれた飛騨高山の旅でした。
また高山の人達は、優しく温和な人ばかりでした。
九州から遠いけれど、また来たいところでした。
[PR]

by bagzy | 2009-09-15 11:54

すべてにおいて、行き届いているか!?   

2009年 09月 13日

12日は、ご縁の深い日華化学さんにお邪魔すべく、福井に行ってきました。
このご縁は深く、江守会長は以前よりご指導いただいているご恩ある方で、
江守社長には以前よりお目をかけていただいており、
子会社のデミコスメティックの前社長の吉田さんと現社長龍村さんとは、
いつも机を並べ学ばせていただいており、
現場のリーダーの寺下くんは、大親友という具合の深ぁいお付き合いです。

前泊して、打ち合わせを兼ねて食事をしてホテルに戻ると、
フロントには栄養ドリンクが届けられており、部屋に入るとベッドの上には
アンジェリーナ・ジョリーの人形!!
布団の中には私の行きつけの居酒屋のマスターの人形!!
お風呂には入浴剤セット!!
そして、心のこもった手書きの手紙!!
ん~やりすぎemoticon-0102-bigsmile.gif

そして朝、会場に行くと500人以上の社員の方たちが、
全員ボクの顔写真のうちわでご挨拶!
会場にうっとうしいボクが500人以上いる~!!!
凄いサプライズです。
泣きそうでした。
そして講義中、みなさんは大きくうなずきながら笑顔で聞いてくださる、
最高の聞く姿勢なんです。
『話す側は木槌(きづち)で、聞く側は鐘!
良い音色は、聞く側で決まるものです!』


あっという間に講義も終わり、お礼の挨拶をすると
会場全員のスタンディングオベーションで、愛情いっぱいの手書きの垂れ幕!!
生まれて初めてのスタンディングオベーションに心が躍りました。
割れんばかりの拍手に深く頭を下げて、後頭部で受けるようにして壇上を降りました。
なぜかというと、私の師いわく
『拍手喝采は神からの金の金槌(カナヅチ)
だから、深く頭を下げて受けなさい!神が
調子に乗るな!調子に乗るな!と
叩いてくださっているのだから。。。』

といわれているからです。

講義も終わり、会場を出ると雨がシトシトと降っておりました。
駅までなんと社長自ら送ってくださるそうで。。。
恐縮していたら、
「お見送りは、ホームまでですよ!」
江守社長自ら来てくださり、ボクがサンダーバードに乗り込みましたら、
ホームで社長と寺下くんと秘書の方で
「バンサーイ!!バンザーイ!!」
社長自らホームでバンザーイ!
お見事!!見送りに真心が映る!!
参りました!!

おもてなし、聞く姿勢、お見送り。
すべてにおいて行き届いている会社!!
ん~いや~勉強になりました!!
[PR]

by bagzy | 2009-09-13 21:42

何で、繋がっていくのか!!   

2009年 09月 12日

8日は、美濃に勉強会に行きました。
心素直で、実直な人たちばかりでした。
翌日は、わざわざ美濃の街を案内していただきました。
「うだつ」の街並みは美しく、感動しました。
街良し!人良し!の美濃でした。 

そして9日は、三重の美容師仲間の勉強会に参加すべく、
榊原温泉に行き、私のソウルメイトの伊藤豊さんの講義を拝聴しました。
素晴らしい講話でした。
「この混迷の時代で、一番大切なことは『絆』なんですよ。
それも感謝と尊敬で繋がることが大切なんですよ」
と笑顔と優しい口調で。。。
怖いくらいの洞察力!!
ん~さすが!!
勉強になりました。
本物はやはり違います。
講話も終わり、朝一番で福岡で仕事の為、名古屋に移動です。

10日は名古屋を朝一番6時過ぎの新幹線で小倉へと向かいます。
尊敬する大久保寛司さんとの勉強会です。
会場(当社研修センター)に着くと、全国からたくさんの志高き方達が、
寛司さんもおられ、尊い勉強会が始まりました。
寛司さんのお話のラストあたりで、
「皆さん、大切なのは尊敬と感謝で繋がる組織を作ることですよ」
と。。。んっ!?どっかで聞いたフレーズ。。。
なんと前日の伊藤豊さんと同じメッセージです。
やはりある次元を超えた賢人は、同じことを考えておられるのでしょう。
ん~尊敬と感謝の絆かぁ~!!
選んだ道は、間違っていないようです。
強い絆を作っていこうと、心に誓い合いました。

尊い勉強会も終わり、寛司さんに
「寛司さん、ボクの息子、仕事復帰してますよ~」
と、息子を呼ぶと、寛司さんはボクの息子を抱きしめ、
「よく頑張った!!立派だったよ!!」
と言いながら目頭を熱くしておられました。
その寛司さんをを見て、周りのみんなも泣いていました。。。
息子は恥ずかしそうに笑っていましたが。
寛司さんの美しい涙に、私の心も洗われたようでした。
やっぱり凄い人は、優しいんだなぁ~。

寛司さん、今日も一日ありがとうございました。
極上の一日でした。
尊敬と感謝の一日でした。
ありがとうございました!!
[PR]

by bagzy | 2009-09-12 10:25

苦労は実る!努力は叶う!!   

2009年 09月 08日

9月7日は、ヘアーコンテストでした。
会場や運営に一生懸命の先輩達、コンテストに参加する選手達、
応援してくれる家族や仲間、審査してくださる先生方。
ここに携わるみんなの情熱と誠意で、毎年行われます。

何ヶ月も前から、この日のために夜遅くまで練習、
来る日も来る日もがんばる選手達。
それを指導したり、見守る先輩や仲間たち。
「期待と不安」「疲労」「プレッシャー」「迷い」「重圧」の中で迎えるコンテスト。
涙と汗と笑顔と善意の中で時は過ぎ、いよいよ結果発表!!
良き結果に喜ぶ者、結果を出せず涙する者。
それを共に喜び、涙する先輩や仲間たち。
この美しい苦労と努力こそが、幸せの扉だなぁ~!!

目の前の面倒で、手間のかかりそうな事に取り組むことこそ、
人生を大きく切り開く。是非
『目の前に三叉路があらば、必ず困難な道を選び、
苦労と努力で、楽しくしなやかに歩もう!!』

逆に、なるだけ楽に無理なく効率よく、早く辿り着こうとする人は、
なんと成長がなく、優しさのないことか。
「遠きをはかるものは富み
近くをはかるものは貧す。。。」

とあるように、すぐに結果は出ないが、
本質にそったものに時をかける事が大切ですね。
今日のこの日に結果を出した者より、一生懸命だった者が幸せを掴むことでしょう。
高く険しい山に挑むように。。。

そして大会も終わり、家路につき近くにある駅に着き、自宅に電話を入れたら、
息子が「迎えに行くよ!」との事。
息子の車に乗り込み、
「お疲れ!傷まだ痛いなぁ~」と言うと、
「相変わらずぎょーらしい(大げさ)やね~」
と言われちゃいました。
ボクが
「また、移植手術やろうな!!」
と言うと、ニヤリと微笑んで
「もちろんよ~!!」と言うんです。
スゴイやつです。勉強させられます。
感謝ですね~。
[PR]

by bagzy | 2009-09-08 16:52

キリストの言葉   

2009年 09月 04日

退院して早いもので2週間が経ち、最後の青森八戸の旅から
きのう帰ってきました。
久しぶりにお家に戻ると、息子が明るい笑顔で
「パパ。久しぶりやね~。元気なん?
今からラーメン食べに行くけど、一緒に行く?」
と手術の痛手などどこ吹く風です。
周りのボクらを安心させようとしてくれてるのでしょう。
精一杯の息子なりの優しさなんでしょう。

そんな普通の会話に幸せを感じつつ、私は次の勉強会の用意をして
帰ったばかりですが、いざ出発!!
今日は大阪の森脇さんと東京吉祥寺のラッシェルさん
東京ブラッセルズさんとうちのBAGZYの合同幹部合宿で、
熊本小国の北川先生のところへ向かいました。
車3台でいそぎ小国へ。。。
北川先生に逢うのは、手術当日以来3週間ちょっとぶりです。
手術当日までの3日間、北九州に泊まり込みで来てくださり、
手術室に入るが入るまで手を握ってくださってました。
二人とも息子の幸せを胸一杯に信じての握手でしたが。。。

気持ちよい青空に雲が悠々と流れ、心地よい風を感じて我が師の元へ。。。
到着したら北川先生が目に涙をいっぱいためて、ボクを抱きしめてくださいました。
「久保くん、大変だったねぇ。
そして、最高に立派だったね。
とにかく二人が無事でよかった。。。
本当に無事でよかった!!」
と。。。

その後みんなと勉強会をして、夜みんなできのこ鍋でもしようということになりました。
楽しい会話とおいしい食事で、あっという間に時間が過ぎ、
ボクはまだ術後でもあり少しゆっくりしていたら、北川先生が隣に来てくれて
少し真剣な面持ちで
「ボクは今日、久保くんに厳しい言葉を渡そうと思う。
この言葉は普通の人には決して渡せない言葉だけど、
久保くんには渡さないと。。。」
「じゃあ先生、その言葉をください」
と言うと先生が、
『神のなさる事は
すべて時にかなって美しい』

「ねぇ久保くん、厳しく聞こえるかもしれない言葉だけど、
いまのあなたにはわかるはずだし、ふさわしい。
[なにが美しいのか。。。手術が失敗して]
[なにが美しいのか。。。こんな不幸がふりかかっているのに]
と思うかもわからないが、神はこう言ってるんだ。
~あの不幸の中でよくヤケにならず、
人を恨まず、優しく受け入れたねぇ。
そんなあなたの心が美しい~

と言ってくださってる言葉なんだよ。
あの絶望と失意の中で、家族やドクターたち全員に将来の明るさを示したこと。
その行動が美しく尊いことなんだよ。
と神は言っているんだよ。
本当に久保くんは素晴らしく美しかったよ。
本当に立派だった。」
とニコニコ顔で誉めてくださいました。
嬉しかったです。
師の存在は大きくありがたいものです。
息子と家族で再挑戦です。
明るく楽しく悠々と。。。

今は高知へ向かって南風21号の車中です。
きのう、神からの言葉をいただいたので、先ほど『聖書』を買いました。
ちょっと読んでみよ~。
[PR]

by bagzy | 2009-09-04 20:45

やがて、すべては過ぎ行く   

2009年 09月 02日

手術から20日やっと今日、息子が退院することができました!!
みなさんのおかげです。
心から御礼申し上げます。
本当に、ありがとうございます。

あの壮絶な手術。。。
そして、移植失敗による絶望。。。
何度となく襲いかかる合併症。。。
本当に息子は頑張りました。

そして、これからが本当の現実との戦いです!
息子のために更なる努力と、底知れぬ明るさで歩んでいきます。

そんなボクはこの31日・1日と青森での勉強会のため八戸です。
この八戸の友人達が、キョーレツに優しく、思いやりのある人たちばかりで。。。
最高のおもてなしを頂きました。

勉強会の会場に紹介され入りましたら、あの情熱大陸のテーマソングに
沢山の色のレーザービーム。
さながら、プロレスラーの入場シーン。。。(笑)
意外に気持ちいいもんですね。(笑)
そして、ステージには座って話せるようにイス。
そしてそのイスの上には、手作りのクッションがあり、
手作りでボクの似顔絵を縫ってくれていて、裏にはこんな詩が描かれてました。
『空があるから、風が吹くから、
あなたがいるから、とってもとっても
しあわせなのです』

と描いてあり、もうちょっとで泣きそうでした。
会場に駆けつけてくれた400人ほどのみんなと、和やかな学びの時間でした。

そして、打ち上げをかね食事に行くと、大きなケーキにボクそっくりの似顔絵が。。。
しばし歓談
「傷は痛みますか?
どうしたら和らぐんでしょうか?」
なんて会話の中
「それがね、不思議と温めるといいんだよ。
温めると痛みが消えるんだぁ~」
なんて話して楽しい時間が経ち、部屋に戻ると。。。
ベッドには電気毛布がセットされ、ほっかほかカイロが沢山置いてあり。。。
小学生以来の電気毛布に包まれて、ほっかほかカイロでポカポカの痛み無き
睡眠をいただきました。
そして朝、親友畑中さんが迎えに来てくれ、うちのノブくんと3人で
さぁ~いざ出発!!
「今からどこ行くの?」
と尋ねると
「久保さんの今日の勉強会は夕方だから、
それまでは久保さんの体を治す旅をやります~」
と先ずは傷によいといわれる古牧温泉に行き、
持参のスペシャル弁当をいただき大満足。
人の厚意(好意)の中にいられる幸せは、傷なんか忘れさせてくれます。

そして次は、種差海岸のそばにある《イルカの店》というマッサージ&ヒーリングサロン!
ここでは、朝日と同じ周波数の光を全身にあて、背中に8種類のオイルを落とし、
マッサージ。
最後に骨まで熱が達する周波器でフィニッシュ!!
「もぉ~最高!!」
疲れが吹っ飛びました。
本当にありがたいありがたい青森八戸の旅でした。

24日に始まった出張も今日の東京で終わり、やっとわが壺中の天
『北九州』に帰ります。
我が勇者の息子にも10日ぶりに会えます。
術後12日の1週間出張は、予想をはるかに超えたハードなものでした。
ですがそのハードをまた、はるかに超えた感動の日本一周の旅でした。
全国のみなさん、ありがとうございました。
地元のみんな待っててね~。
って言うか
忘れないでね~(笑)
[PR]

by bagzy | 2009-09-02 11:35