「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

☆生まれ変わっても、みんなに出逢いたい☆   

2010年 10月 31日

ボクの大好きな本。
『木を植えた人』著者は、フランスの作家、ジャン・ジオノさん。

フランス、プロヴァンス地方で、ただひたすらにドングリや
カシワ、ブナ、カバの苗を植え続けた
エルゼアール・ブフィエさんという農夫のお話しです。

荒れ野原だったその地に毎日毎日、苗を植え続けて、
今やフランスを代表するほどの実り豊かな森になっている。

その長い年月の間の戦争や貧困や病を乗り越えてもなお、
その尊い行いを続け、人々のため、生きるすべてもののため、
季節を生む広大な緑豊かな森を作られた。

「そんなことして、何になるんだよ。。。」

「得にもならず、利も得られず、バカじゃないか。。。」

と言われ、冷たい視線と悪評をものともせず、一本一本を植え続けた。

年老いた彼は、子供達や孫達やその後に続く人々のために、
自分が、見ることもないであろう壮大な森林を夢見て。。。

自分の恩恵など忘れ、ただひたすらに、苗を植え続けた。

その本の最終節は、こう綴られていた。

「戦争という途方もない破壊をもたらす人間が、
 ほかの場所で、こんなにも、神のみわざにも、
 等しい偉業を成し遂げることが、できるとは。。。」

と。。。

名もなき老農夫が、神のみわざのように何百年、
何千年も生き続ける森を作った。

人は、何のために生まれてきたのか?

人は、何のために生きるのか?

考えさせられます。

目の前の自分の損得や欲に翻弄され、何一つ残そうともせず、
むさぼり生きている自分が、恥ずかしい限りです。

何か一つでも、後の人達に残せてこれただろうか?

美容師のボクは、なにを残せるのだろうか?

良い技術。。。?
良いサービス。。。?
良い美容師。。。?
良い心。。。

目の前のことに振り回されずに、
伝え、残せるように、生きていこう。

一つでも、良い技術を会得し、それを伝え。。。

一つでも、良いサービスを生み出し、それを伝え。。。


一人でも、良い弟子たちを育て続いて。。。


たった一人でもいい、自分に出会えて良かったと
言ってくれる人をつくろう。


自分が、この星から去って行った後に、
一つでも、一人でも、残せたら、いいなぁ~


なんて考えながら、アカデミーのトイレに行き、壁を見上げると。。。
ボクの一番弟子の書いた言葉が、光っていた。


『生まれ変わっても、みんなと出逢いたい。。。』

なんだか、グッときた。

ほんの少しだけれど、残せてるのかなぁ~と。。。思えた。


思うようにならない人生だけれど。。。頑張ろう!!


一日一生!!残り少ない人生だけれど、頑張ろう!!


つまづいてばかりだけど、前進あるのみ!!


上手くいかないことを楽しもう!!


語り継がれる人を目指して!!(^^)v
[PR]

by bagzy | 2010-10-31 17:32

☆無駄なことなんて、何ひとつない☆   

2010年 10月 21日

幼いころ、貧乏だった。
そのおかげで、負けず嫌いの根性を得ることができました。

高校受験に失敗した。
そのおかげで、天職の美容師の道を歩めることができまた。

どまぐれて、勉強嫌いで無学だった。
そのおかげで、読書を覚え、たくさんの人達の言葉を聞き、
学ぶクセが、つきました。

美容師見習いは、厳しく貧しかった。
そのおかげで、辛抱と強さを身に付けることができました。

お店を出してみたら、借金まみれで、苦しみ、もがきました。
そのおかげで、仕事の楽しみとやりがいを得ることができました。

息子に病を授かり、闘病の日々でした。
そのおかげで、家族の絆と神の存在に行き着くことができました。

たくさんの出逢いと別れが、ありました。
そのおかげで、ほんの少しの優しさと
信じる尊さを身に付けることができました。


失敗続きで、思うようにならないことばかりでした。
そのおかげで、しなやかで謙虚な心になれました。

認められず、バカにされ、恥ずかしい思いをたくさんしました。
そのおかげで、人の優しさと大切さを知りました。


ボクの人生で、何ひとつとして、
無駄なことはありませんでした。
それどころか、全てボクにとって必要なことであり、
尊い、恵みのようなことでした。


その時は、辛い、きつい、悲しい、悔しい!
乗り越えられないような壁のようでした。
絶望の海原で、あわや飲み込まれそうでした。

ですが、その一つひとつがボクを育ててくれ、磨いてくれました。

イエス・キリストは、言ってます。

『神のなさることは、時にかなって、美しい』

自分に降りかかる出来事は、どんなに大変なことでも、
それを受け入れ、乗り越えることこそ、美しく、学びがある。

それを受け入れた時…

それを乗り越えた時…

成長があり、光り輝く。

幸せは、不幸の彼方にある。

幸せは、苦難の彼方にある。

よ~し!!

受けて立ってやろうじゃないか!!

その彼方に行き着くために!!

その彼方にみんなを連れてくために!!


ん~きてるな~(^^)v
[PR]

by bagzy | 2010-10-21 19:27

☆川面に映る鵜飼いのかがり火☆   

2010年 10月 15日

10月14日に、日田でセミナーがありました。

楽心会(北川先生の学びの会)の大先輩の中塚さんのご懇望で、
実現しました。

日田はもとより、大分や久留米からもたくさん集まっていただきました。

会場は、あの棟方志功さんゆかりの老舗『亀山亭ホテル』
三隅川畔の鵜飼い屋形船でも有名なお宿。


会場に着くなり、楽心会の先輩達が来てくれていて、みんな笑顔で、

「久保ちゃん、応援に来たよ~久保ちゃん、頑張って~」

と光りに包まれます。

その先輩達は、もうかれこれ20年以上も、
北川先生を師事されておられる善行聖心な先輩達で、
忘れもしない9年前、息子(当時11歳)の病気(慢性腎不全)の告知を受け、
途方に暮れている時、

「みんなで祈って、願えば、奇跡が起こるかもしれないから、
 阿蘇の草原に仲間を集めて、瞑想して、だいちくんに光りを贈ろうよ!」

と集まってくださり、息子の背中(腎臓あたり)をさすってすれたり、
気を贈ってくれた心優しい先輩達です。


その当時、現実を受け入れられず、とにかく、ただ、ただその好意が、
嬉しくありがたかったです。

みんなで、わざわざお弁当を作ってくれ、
草原をあるく道すがらの光景を、今も覚えています。

息子が。。。

「パパ、背中が熱くなってきたよ。」

と言ってくれ、妻と娘達が、

「マジで~凄い~」

と、悲しみの底で光るものに初めて触れた日でもありました。

帰り際に

「毎日、だいちゃんに光り贈るからね~」

と、笑顔で言ってくださった先輩達です。


その先輩達と会場の待ち合いで、立ち話していると、
白いヒゲに白髪の人が、ニコニコ入ってきました。。。

なんと我が師、北川先生です。

「ボクもコソッと応援に来たよ~」

と。。。

「全然。。。コソッとじゃないし。。。(^^)」(笑)


なんだか、心強いのか、やりにくいのか。。。
とにかく、そんな光りに包まれたセミナーも無事終わり、
来場者の人達と名刺交換などをやって、会場を見渡してみたら、
北川先生がいません。

「あれ~帰ってしまわれた!」

すると電話が鳴り。。。

「久保くん、素晴らしい、良い話しだったよ~えらかったね~」

と優しい言葉を頂き、やんちゃな子供が、親に頭を撫でてもらったように、
嬉しかったです。

そうこうしてたら、恒例の宴です。
なんと鵜飼いを見ながらの屋形船での宴、
川面に鵜飼いのタイマツのかがり火が、美しく、最高のひとときです。


楽心会の先輩達も付き合ってくださり、中塚さんも大喜び!


「久保ちゃん、良かったよ~久保ちゃんは、私達、
 北川先生の門下生の誇りだよ~
 本当に、素晴らしかった!
 久保ちゃんは、リーダーじゃなくて、シーダなんだよ~」


「シーダ??!??!?」
 シーダってなんですか?」

「種を蒔く人のことだよ~久保ちゃんは、幸せと勇気の種を蒔く人なんだよ~」

ん~嬉しい!


師が、云います。

「人生で、最も幸せなことは、
 善き人間関係の中で生きることだよ~」


と。。。


まさにその瞬間を感じました。

そんな宴が終わり、今度は楽心会の後輩の宇野くんのやってるBARグリーンピースで、
スティングの歌を聴きながら、良い時間を過ごしました。

そして、宿に泊まり、朝一番で帰郷しようと車に乗り込もうとすると、

「久保様、中塚さんから、お手紙を預かっておりました。」

手紙を受け取り、車の中で、読みました。



「昨日は、本当に有り難く、嬉しく思っております。
 本当にありがとうございます。
 久保さんとだいちゃんの腎臓が、健康になり、
 久保さんはまわりの皆に勇気と希望を与え続け、活躍できますように。。。
 だいちゃんは、透析の必要がなくなり、階段を駆け上がったり、登山したり、
 いつでも自分の行きたい所に自由に行けるようになりますように。。。
 そして、奥さんは、糖尿病から、解放され、
 自分の好きなものが自由に食べられ、
 心が晴れ晴れとしてきますように。。。
 幸あれ~福あれ~光りあれ~光りあれと祈っております。。。」



と。。。


涙が、とめどなく流れ。。。運転出来ません。。。
嬉しくて。。。暖かくて。。。涙が、止まりません。

人は、たくさんの人に支えられて、生かさているんですね~

人生という旅は、山あり、河あり、谷あり、だけれど、
必ず、必ず、幸せにたどり着ける。

人生は、いい旅です。

お金持ちを目指さず、友達持ちを目指そう!!

お金持ちを目指さず、時間持ちを目指そう!!

と叫びながら、家路へ向かうのでした。。。
[PR]

by bagzy | 2010-10-15 15:06

☆幾山河☆   

2010年 10月 08日

あのシベリア抑留11年という苦難を乗り越え、
その後商社人として日本一となり、
日本復興に生涯をかけられた瀬島龍三さんを題材に作られた映画が、
「不毛地帯」です。


その壮絶で、ダイナミックな生き様に感銘を受け、何度となく涙しました。

DVD(全10卷)は、寝不足を必ず約束してくれることでしょう。

唐沢寿明の演技も素晴らしく、

「仕事に対する情熱」

「仲間同士の信頼」

「抑留時の仲間を大切にする真心」

「世界を見据えた大局観」

本当に素晴らしい作品です。

是非、寝不足覚悟で見てください。

そのドラマの中で主人公が、
大きな商談や熾烈なライバル社との争いや社内の権力争いに疲れ、
自分の恋人の兄さん(法華経の修行で山篭もりしているお坊さん)に
相談するシーンがあります。

主人公が、

「私は、汚れきってます。一体、何をしてきたのだろう。。。
 あのシベリアで亡くなっていった戦友の分まで、
 人のお役に立つと決めて生きてきたはずなのに。。。」

すると兄さん(お坊さん)が答えます。

「法華経の教えにこうあります。
 『世間の法に、染まらざること、蓮華の花の如し』
 これは、蓮華の花は、泥沼の中にあっても、美しい花を咲かせる。
 蓮華の実は、どろどろの泥沼の中にあっても割ってみると、
 真っ白な姿を見せるものだ。
 だから、どんな環境にあっても、どんなに現実(今)が思うようでなくとも、
 泥沼(環境や現実)に染まることなく、信念という美しい花を咲かせなさい。
 と説いておられますのです。。。」


ん~いい!!ん~きてる!!

今、思うようにいかなくとも、自分を見失わず邁進せよ!

今、どんな苦難、逆境にあっても、信念を貫け!

今は、泥沼の中にあっても、美しい花を咲かせなさい!

どんなハンデを背負っていても、ただひたすらに生き抜いていきなさい!


いいですね~(^^)

また、こんなシーンもあります。
主人公が一番信頼する部下の夢が、自国の油田を獲得することでした。
その夢を叶えるべく、莫大な資金を投入し
油田に取り組むことになったのですが、掘っても、掘っても油が出ない。
社内でその責任を取り立たされ、進退を迫られる。
その時に、その部下に主人公は、こう言う。

「まだ、掘りたいか?」

「はい!やらせてください!」

「わかった!」

と一言。
一人で掘削資金の調達に翻弄する。

だか、油は出ない。
資金もとうとう底をつき、打ち切り当日に、国際電話で主人公が言う。。。

「よく頑張ったな~しょうがない、
    うまくいかないこともある。             
         早く、日本に帰ってこい。」

と言うと。。。

「ボクは、諦めきらないです。
     今日が、最後の日です。
       時間ギリギリまで、掘らせください。」

「ん~そうか。そうだろう、お前の人生最高の夢なんだからな。。。
                 すべて、お前に任せるよ、すきなようにやれ!」

その夕刻に油が空高々と吹き上がり、日本初の油田が、できたのでした。

国際電話のベルが鳴ります。

「出ました!出ました!
  やっと。。。やっと。。。油が出ました。
    この日まで、何年もかかり、ご心労かけました。やりました~」

「そうか、やったか!良かった!良かった!
  私は、この日がくるのを信じてたよ。おめでとう!ありがとう!」

「早く、日本に帰ってこい。祝杯だ~」


ん~いい!!ん~きてる!!

信じ合う仲間。

決して、あきらめない心。

共に共有する夢、目的。

やり抜いた達成感。

仕事とは、尊いものです。

仲間を信じ抜き、手を取り合い、努力を惜しまず、やり抜く!

ん~いい映画でした。
ん~寝不足です。

仕事とは、何をやるかより、誰とやるかが大切なんですよね~

ボクも美容室の次は、油田採掘やろうかな~(笑)
ん~バカ言ってないで、目薬さして、
北海道のニッケ油をふって、シャキッと頑張ろうと。。。

長文にお付き合いくださり、
ありがとうございました~!!
[PR]

by bagzy | 2010-10-08 14:04

☆悲しみの底で光るもの☆   

2010年 10月 04日

札幌に行ってました。仲良しのベルコのコンちゃんと
先輩の温泉さんのお招きでした。
勉強会も終わり、行きつけの狸小路の「めんめ」で、至福の宴。。。
そこに、旭川の中西さんと田中さんもきてくださり、
温泉さんちのトーマスと愉快な仲間達やベルコの勇者で、
楽しいひととき。

コンちゃんは、悪い人に見えるけれど、優しく、信念の人。

温泉さんは、謙虚で勉強熱心な尊敬に値する美容師さん。

中西さんは、ボクの尊敬する学び多い経営者で、同じ師を持つ弟子仲間。

田中さんは、ボクの釣りの師であり、謙虚で素直で、大好きな先輩。

夜更けの札幌は寒く、短パンにレギンス履いてきて良かった。。。


次の日、温泉さんに見送ってもらい、いざ故郷へ。。。

空港に着くやいなや「悪友」大野くんと「尊敬する」森脇社長が、
北九州に来てくれていたので、また、宴。。。(^^)

次の日は、大野くんとこと、森脇社長んとことバグジーの三社での
合同幹部研修で、我が師北川先生の待つ熊本小国町へ。。。

幹部8名の研修も無事終わり、一泊して帰ってみると、なんと今日は、1日!!
なんと1日は、月に一度の洗心の日(師に逢いに行く日)。

帰って来たばかりなのに。。。
また。。。熊本小国町へ。。。(笑)
着替えだけして、またまた熊本小国町へ。。。
また、二時間のドライブで、
「先生、ご無沙汰してます!?(^^)」(笑)
なんて感じで、楽しく学び、また、二時間のドライブで故郷北九州へ。。。

ついでに(笑)ボクのソウルメイトの北田礼次を乗せて、やっと到着!

そして、また。。。宴。。。(^^)
長旅の疲れを癒やしつつ、愛酒をやってたら、電話が入りました。

「パパ~リサよ~今日リサの誕生日だよ~
 パパ、産んで育ててくれて、ありがとう!!」

あっ!そうか日付変わって10月2日。

「あっあっ、おめでとう!!
 なんか、欲しいものないんか~?」

「うんん、何にもないよ。リサは、今、幸せ。何にも、欲しいもんない。」

「でも、パパに逢いたいな~」

涙。。。

一気に酔いが、まわり。。。
思い出が、走馬灯のように駆け抜ける。

この10年、弟の闘病生活の陰で、苦労かけたなぁ。。。

甘えることもなく、明るく、優しく育ってくれました。

「パパ、今度は、だいちにリサの腎臓を移植しようや~
 そしたら、みんな健康で、久保家は、最高やん!」

と言ってたなぁ。。。


生まれて来てくれて、ありがとう!!

仕事に追われ、社員との別れ(卒業)もあり、
思うように行かない日々が続くこんな日に、
光りが差し込んだようです。

そう言えば、この間の息子の誕生日にプレゼントを買ったときにも、
息子から、メールが入ってました。

「パパ、いつも、ありがとう! これでまた明日から、透析頑張れます!!」

と。。。


『悲しみの底で光るもの』がある。


頑張ろう!!

頑張ろう!!


『自分の人生から逃げるわけにはいかない。
 ならば、ここに花を植えよう!植え続けよう!』

『悲しみの底でも光るものがある。』

『どんなに悲しく、辛くても、必ず光りがあり、望みがあり、道はある。』

息子は、今も終わることのない透析と共に、明るく生き抜いてくれている。

娘は、東京で一人、厳しく辛い美容の修行を明るくやってくれている。

長女は、会社を手伝いながら、妻と犬達の面倒をみながら、
弟をいたわってくれている。


ボクは、頑張る!!


「一日一生」!!


悲しみの底でも、笑顔を忘れず、ユーモアを心情に歩み続けます。

「一生全力」!!

で。。。
[PR]

by bagzy | 2010-10-04 10:52