<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

「絶望の彼方に光るもの。。。」   

2011年 03月 18日

東北地方を襲った大地震。。。

大切なものをすべて失った人達。。。

弱い人達への容赦ない試練。。。

心が痛く、苦しく、悲しい現実。。。


あの日から。。。

2日経ち。。。

3日経ち。。。

1週間。。。

その絶望の底にいる人達の光り輝きが伝えられてくる。。。


避難所で、

「もう全て失った。。。もう生きていてもしょうがないな。。。」

と呟くおじいちゃんに。。。


「おじいちゃん、ボク達が大人になって昔以上の街を作るからね。。。
                            それまで頑張って。。。」

と、一人の中学生がおじいちゃんの背中をさする。。。


ガレキの道を、二人の女性が重そうに灯油を運んでいる。


「大変そうですね」


と、インタビューをすると。。。


一人の女性が。。。


「この方が、私が一人で運んでいると運ぶのを変わってくれて。。。
                              助かってるんです。。。」


「お知り合いではないんですか?」


と、インタビューアーがたずねると。。。


「いいえ~今そこではじめて会ったのですが。。。
 重そうにされていたので、手伝っるんです。
   こんな辛く悲しい時は、みんな家族です。
       この街の人みんな家族ですから。。。」


コンビニにお菓子を買おうと並んでいた小学生が、
レジの横に置いていた募金箱をじっと見ていた。

すると。。。手に持ったお菓子を棚に納して。。。
募金箱にお金を入れて、にっこり微笑んで店を出て行った。。。


コンビニの店員さんの

「ありがとうございました。」

が震えていた。。。


避難所に救助された人達がヘリコプターで運ばれて来る。


プロペラの風の中、助けられた人を抱えるように手助けし
体育館へ連れていくボランティアの女性。。。


インタビューアーが。。。


「朝からずっとお手伝いしてあげているんですか~?」


「はい!何にもすることないし。。。家も流され。。。帰るところもないし。。。
 家族の一人が行方が知れないんで、もしかしたらヘリコプターに乗って来て、
 見つけれるかもしれないし…」


。。。と、微笑んで答える。。。


避難所におられる被災された人達は。。。


「自衛隊の人のおかげで命拾いしました。
 本当にありがたいです。。。本当に私。。。運良かったんです。。。」



「今さっき、おにぎりとお水を頂きました。
 美味しかった~ありがたいですよね~本当にありがたい。。。」




「雨風がしのげて、毛布が頂けて、今日からストーブが入ってよかったよ~
 外は雪降ってるからさ。。。本当にありがたい。。。」



被災地の光り輝く人達。。。


涙が止めどなく流れます。。。


奪いあったり、傷つけあったり、文句を言う人など見当たらない。。。


それどころか。。。


助け合い。。。
励まし合い。。。
労り合い。。。
譲り合い。。。


あんな地獄のような現実の中にあってもなお。。。


家族も家も車もお金も財産も。。。


全て失い。。。


果たして、自分達が同じ境遇にあったとしたら。。。


同じようにできるだろうか。。。



。。。今ある沢山の幸せに感謝しなくてはいけない。。。


そして、立ち上がらないといけない。。。


出来うる限りのことをやらないといけない。。。



物資を送り。。。
募金をし。。。
節電をし。。。
そして、祈り。。。


そして、最もやらないといけないことは、
目の前の仕事に今まで以上に取り組み、日本経済の礎(いしずえ)となり、
毎月。。。何年も継続して少しずつでも義援金を送り続けることではないんだろうか!!


その昔、戦後焼け野はらから立ち上がった時の先人達ように。。。


被災地の皆さんに普段のような生活が戻るまで。。。



会津若松の菓子業を営む友人から電話がありました。。。


「社員さんがたくさんいますが。。。
 お客様がほとんど来られない。。。材料などもとどかない。。。
 でも。。。社員さんを守っていかないといけない。。。
 どうしていいか。。。でも頑張ります!!」


「なにか出来ることあるかい?」


聞くと。。。


「是非、被災地や被災地周辺の人達の分までお仕事頑張ってください。。。
 その力で道路を普及し土地を整備し、元の街づくりを
 一日も早く実現していただきたいです。
 その日が来るまで。。。僕らは頑張りますから。。。」


「わかったよ~これからも何でもいいから連絡してね~
 働きたくても働けないみんなの分までボクら頑張るからね~」


ん~



頑張るぞ~


日本中のみなさん~みんなの力を合わせて東北地方の復興を成し遂げましょう!!


会社、お店の収益の1%でも0.1%でも毎月義援金を送りましょう~
それも継続的に。。。


一人ひとり個人の人は、自分の所得の1%でも0.1%でも
毎月義援金を送りましょう~それも継続的に。。。


そして、何年か後に。。。
被災地、被災地周辺のみなさんの笑顔がもどるその日まで。。。


願い、祈りましょう。。。
被災地、被災地周辺のみなさんにほんの少しでも安らぎが訪れますことを。。。
[PR]

by bagzy | 2011-03-18 12:48

☆晴耕雨読☆   

2011年 03月 09日

9日は早朝から島根の浜田へ。。。

小倉から新山口へ。。。
新山口から(スーパーおき2号)に乗っています。


左手に荒れ狂う日本海。。。白波が騒いでいます。


波が列車にかかりそうなくらい海の際を走ります。


なぎの時ならば、たくさんの船が漁に出るのでしょうが。。。


漁師さんは今日はお休みでしょう。。。


網などの手入れなどに勤しんでいるのでしょうか?


それとも。。。海がくれた休日に普段できないことを楽しんでいるのでしょうか。。。



右手の山あいを見てみると腰の曲がったおじいちゃんが畑で作業をしています。

畑の近くのお家の庭でおばあちゃんが大根か何かを干しています。。。


風は強いけれど、空は真っ青。。。雲が悠々と流れています。。。


。。。晴耕雨読。。。


晴れた日には、汗を流し田畑を耕す。。。


雨の日には、好きな書物を読み寛ぐ。。。


晴れた日は耕し、雨のには本を読む。。。


なんだか。。。いいですね~


仕事に追われ、問題に振り回され、心の休まる間もない。。。


たまには。。。パッと心にお休みを上げないけんね~


人生というキレイな小川の畦道(あぜみち)をただ走り抜けていたら。。。
小川の中のメダカや道に咲く可愛い花も見ることもできない。。。
小鳥の歌も聞けず、春を知らせる虫達にも逢えない。。。


目の前に避けては通れない問題や壁があっても。。。


辛く苦しく悲しい現実が大きく横たわっていたとしても。。。


晴耕雨読。。。


心にお休みをあげよう!


なにもかも忘れ。。。自分に戻ろう。。。


心をニュートラルにしよう。。。


ほんの一日でいい。。。


ほんの一時間でもいい。。。


そして、後戻りのできない「今」を楽しみ、安らごう!!


そして、また明日からの自分に戻り、頑張ろう~



晴れた日に頑張ればいい。。。


雨の日には楽しもう~笑おう~何かに没頭しよう~


そして明日から。。。悠々と苦しもう。。。微笑んで堪え忍ぼう~


雨が降らないやろか。。。(笑)

雨乞いしよか。。。(笑)



雨が降るまで。。。もうひと踏ん張りがんばるか~(笑)


今度の雨降りには、親しい友達と釣りやバーベキューやなぁ~


まだ。。。寒いか!!(笑)
[PR]

by bagzy | 2011-03-09 16:22

☆ホテルカリフォルニア☆   

2011年 03月 07日

イーグルスのライブに行きました。

東京ドームを埋め尽くす観衆…

ですが…なんだか…活気に欠ける雰囲気…


なんと…僕ら(50歳)よりほとんどの人が年上~(笑)


さながら、歌舞伎かなんかの講演会のよう…(笑)


そして…暗転…ライブスタートです。



すると雰囲気は一転…
凄い盛り上がりです。


ひとりの大人な女性(55~60歳くらい)が立ち上がり、
コートを脱ぐとノースリーブのワンピース(かなりの露出)!!

ノリノリに踊りだす…


背中(首の付け根くらい)にカッコいいタトゥーが見える…


ヘアスタイルはハイトーンカラーにベリーショート!!

カッコいい!!


キテるわ~どんどんダンスがハードに…


その彼女につられるように会場全体が凄いテンション…


そして遂にこの瞬間がきた!!


ホテルカリフォルニア~


メロディーがはじまると悲鳴にも似た歓声が…


鳥肌に込み上げる青春時代…自然と涙が流れ…


そんなとき、ボクの隣に中年のご夫婦(65歳くらい)が座られていた…


ホテルカリフォルニアがかかった瞬間…
パッと手を握り合い…寄り添った…


ん~イイ!!
サミュエル・ウルマンの詩を目の当たりにしたようだ…


「青春とは年齢をいうのではない…
心の有り様をいうのだ…」


何十年間もの、愛や苦労や努力や悲しみや歓喜を乗り越えて、
今夜また二人きりで聞くホテルカリフォルニア…


なんだか…ボクも嬉しくなった…


60歳過ぎてるとは思えない
ドン・ヘンリーやグレン・フライの歌声に酔いしれて…
夢のような3時間でした…


興奮が覚めず、僕らはそのまま六本木に…


仲良しの小谷さんと土橋ご夫妻と会食です。



なんだかみんな元気!!
若き青春時代の花が咲き、みんな笑顔で上機嫌…


「若いヤツには負けないね~」


「これからは50歳代の時代でしょ!!」


なんて話していれと娘(東京で修行中)から電話があり合流することに…


「遅かったね~」


と聞くと…


「なん言いよん、今日は早いほうばい!
11時に終わればラッキーなんよ~
11時に店でれたら、モデルハントしに街に出て、1時間くらい頑張るんよ~
 やっぱ、さすがに12時過ぎからのモデルハントはちょっとキツいしハズイもんね~(笑)」


と笑顔で話す娘の手を見ると手荒れでボロボロで…


「パパ~私まだまだ頑張れるんよ~
 一回自分の限界に挑んでみようかな~と思ってるんよ~
 これ以上頑張れん、これ以上したら倒れるっちとこまでやってみたい…
 そしたらなんか掴めるような気がする
 だってね~毎日4~5時間は寝れるし、
 休みだってセミナーやモデルハントでないとはいえ、
 月に1~2日もあるんよ~まだリサ余裕~もっと頑張れる!!」


「もうみんな帰られるんですか?まだ12時すぎやけ…
 私、渋谷でモデルハントして帰ろ~(笑)」



恐るべしパワー!!危険なモチベーション!!


今さっきまでの僕ら中年チームの威勢は…どこに…(笑)


「若いヤツには負けないかね~?」


「今からは50歳代でも頑張れるよね~?…」



若いヤツでも凄いのもいるね~(笑)


今からはみんなで頑張る時代よね~(笑)


てな感じで話しはまとまり…
今日もまたボクのまわりに熱い人達が集まった宴も終演です…
[PR]

by bagzy | 2011-03-07 12:41